スキップフロアの間取りのコツとは?|30坪前後のおしゃれな実例をご紹介

30坪のスキップフロアの間取り

ファミリーを中心に人気のある「スキップフロア」のある家。

スキップフロアとは1階と2階の間などに段差をつけて作られた中間階となるスペースを指し、なんとなく「おしゃれな家になりそう!」「子どもたちが喜びそう!」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

一方で、

・どんな魅力やデメリットがあるのか

・実際はどんな間取りになるのか

・間取りを考えるうえで注意した方がよい点はあるのか

…などについては具体的に想像しにくい部分もありますよね。

そこで今回の記事では、スキップフロアの魅力をお伝えするとともに、間取りに取り入れる上での注意点と対策、そして30坪前後でできるスキップフロアがある家の間取り実例をご紹介したいと思います!

マイホームにスキップフロアを取り入れたい方、スキップフロアに興味がある方、スキップフロアを取り入れるかどうか迷われている方はぜひ、ご参考下さいね。

 

 

スキップフロアの魅力

スキップフロアの魅力

スキップフロアのある間取りには、次のような魅力やメリットがあります。

  1. 居住空間が広く開放的になる
  2. スペースの有効活用ができる
  3. おしゃれな雰囲気になる
  4. 家族のコミュニケーションがとりやすくなる
  5. 吹き抜けと合わせれば室内に自然光があふれる

それぞれをもう少し詳しくみてみましょう。

 

 

1.居住空間が広く開放的になる

スキップフロアの魅力

スキップフロアはスペースを壁やドアなどではっきりと仕切らず、”段差”でソフトに切り分けています。

そのため空間に「縦のつながり」や「奥行き」が生じ、居住空間全体が広く開放的になります。

1階に同じ広さのリビングでも、リビング続きのスキップフロアがある場合とない場合とでは、スキップフロアを設けた間取りの方がぐっと広く感じることができますよ。

 

 

2.スペースの有効活用ができる

スキップフロアは本来ならないはずの場所に、新たなスペースを生み出すことのできる間取りです。

平屋の間取りに取り入れれば平屋でありながら2階建てのよさも味わえ、2階建ての間取りに取り入れればまるで3階建てや4階建てのように空間を使える、というように、まさに”おいしいどこどり”をしながらスペースを有効活用することができます。

 

スキップフロアをシアターに

スキップフロアの部分は書斎や趣味の部屋、来客スペース、勉強部屋やキッズルームなどあらゆる用途に使えるのも大きな魅力です。

 

スキップフロアの間取り

もちろんアウトサイドストッカーとしても活用できます。

アウトドア好きにはたまらない空間ですね。

スキップフロアによってできたフロア下の空間を収納に利用すれば、かなりの大容量収納スペースを確保することも可能です。

 

 

3.おしゃれな雰囲気になる

おしゃれなスキップフロア

スキップフロアの大きな魅力のひとつに、その「おしゃれさ」が挙げられます。

一般的な間取りの住宅にはない、ダイナミックな大空間。

高低差のあるフロアを眺めると目に入る、おしゃれなインテリアアイテムやグリーン。

スキップフロアと同時に吹き抜けも取り入れれば、圧倒的な開放感も手に入れることができます。

このようなおしゃれな雰囲気はスキップフロアならではの魅力であり、憧れる方も多いのではないでしょうか。

 

 

4.家族のコミュニケーションがとりやすくなる

スキップフロアで家族のつながりを

ゾーニングされながらも緩くつながりを持たせているスキップフロアは、家族間のコミュニケーションの取りやすさも魅力のひとつです。

壁やドアがないので、それぞれの場所にいてもなんとなく家族の雰囲気や様子を感じることができます。

お子さまが小さい時などは目が届きやすく、大きくなってからは勉強に集中しながらも部屋に閉じこもらずつながりを持つことができますね。

書斎や趣味のスペースにすれば、かすかに聞こえる家族の話し声をBGMに、自身の好きなことにも取り組めます。

 

 

5.吹き抜けと合わせれば室内に自然光があふれる

明るいスキップフロア

先にも少し触れましたが、スキップフロアは吹き抜けと組み合わせるケースが多く、高い天井から太陽の光をふんだんに取り入れることが可能です。

高い位置から入る光は1階の奥まで届きやすく、室内の居住スペースに自然光があふれ、日中明るい空間で過ごすことができます。

 

 

 

スキップフロアのある間取りの注意点と対策

スキップフロアの注意点

魅力がいっぱいのスキップフロアですが、間取りに取り入れる際は次のような注意点もあります。

  1. 空調設計を考えておく
  2. バリアフリーへの対応
  3. 用途によってはプライバシーの確保も必要

ではそれぞれについて、注意点と対策をみてみましょう。

 

 

1.空調設計を考えておく

大空間が魅力のスキップフロアですが、空間の広さは空調効率に多少影響してしまいます。

「スキップフロアは冬寒い」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

最近の住宅は気密性・断熱性がアップしており以前と比較するとより空調効率はよくなっていますが、スキップフロアを間取りに設ける場合は「空調設計」をしっかりと考えておくとよいでしょう。

高気密・高断熱性はもちろん、全館空調を取り入れたり、より足元を暖かくしたい場合は床暖房を取り入れるなどの対策が有効です。

吹き抜けがある場合はシーリングファンを設置して、空気の流れを良くするとよいでしょう。

 

 

2.バリアフリーへの対応

スキップフロアは2階建てと同様に階段があるため、完全なるバリアフリーとはなりにくい間取りではあります。

なるべく将来的なバリアフリーへの不安を軽減するためには、

・主要な生活動線内には段差を設けない

という点を考慮すれば、将来的にそれほど不便を感じずに生活することが可能です。

たとえば玄関から主要スペースへは段差をつくらず、1階部分に必要な水回りと小さくてもよいので居住スペースとなる部分(リビングでも可)を確保し、そこへスキップフロアを組み合わせれば、万が一車椅子を使用することとなっても階段を利用することなく生活が可能です。

反対に、リビング・ダイニングキッチン・居室をすべて半階層の差をつけて4層からなるスキップフロアの場合は、バリアフリーの観点から考えると難しいかもしれません。

この場合は段差を小さくしておき、将来必要に応じて階段をスロープへリフォームする、ということも対策として考えられます。

 

 

3.用途によってはプライバシーの確保も必要

家族のつながりが魅力のひとつのスキップフロアですが、お子さまのお部屋として使用する場合などは、成長に伴ってプライバシーの確保も必要となってきます。

家族からの目線を考慮した家具の配置にしたり、簡易的なパーテーションを用いて間仕切りをしたりするとよいでしょう。

 

 

【延べ床面積30坪前後】スキップフロアのある間取り実例

30坪のスキップフロアの間取り実例

さて、ここからは実用的な30坪前後の延べ床面積で建てられた、スキップフロアのある間取りの実例をご紹介していきたいと思います。

 

30坪前後でスキップフロアのある間取り その①

スキップフロアの30坪前後の間取り

スキップフロアの30坪前後の間取り

建築面積:52.99㎡(16.02坪)

1F床面積:52.99㎡(16.02坪)

2F床面積:52.99㎡(16.02坪)

延床面積:105.98㎡(32.05坪)

 

スキップフロアの30坪前後の間取り

まずご紹介するのは、延べ床面積が約32坪のこちらの実例です。

中心となる1.5階のLDKからは、2階の広々としたフリースペースと吹き抜けが眺められ、視界が開けています。

柔らかな自然光は、無垢で統一された明るい室内をやさしく照らしてくれています。

 

スキップフロアの30坪前後の間取り

2階のフリースペース横には壁で区切られた個室が設けられています。

プライベートも確保しつつ、ドアを開ければフリースペースとつなげて更に広々とした空間として使用することも可能です。

吹き抜け設置されたシーリングファンは空調効率のためだけでなく、インテリアとしてもアクセントとなって素敵ですね。

 

スキップフロアの30坪前後の外観

ホワイトのガルバリウムに玄関ドアとバルコニーのウッドが効いた、ナチュラルかつ機能的な外観です。

 

こちらの事例の詳しいプランは、関連ページからもご覧になれます。

 

 

30坪前後でスキップフロアのある間取り その②

 

スキップフロアの30坪前後の間取り

スキップフロアの30坪前後の間取り

1F床面積: 69.56㎡(21.04坪)

2F床面積 :28.15㎡(8.52坪)

延床面積 :97.71㎡(29.56坪)

建築面積 :86.12(26.05坪)

 

スキップフロアの30坪前後の外観

まるで平屋のようなおしゃれで温かみのある外観に、中はスキップフロアで広々です。

約30坪のこちらの実例では、平屋のようなコンパクトさとスキップフロアの視覚効果でゆったりとした住空間を実現しています。

 

スキップフロアの30坪前後の間取り

スキップフロアから見下ろしたダイニングは、味わい深い濃い目の色の無垢床と、どことなくレトロな雰囲気の漂うインテリアがマッチしていますね。

 

スキップフロアの30坪前後の間取りCAMP

下から見るとこのような感じで、採光も豊富であたたかい光に満ちていますね。

スキップフロアには壁がありませんが、柵ではなく窓のようにすることで広々とした雰囲気をキープしつつ、その時に応じてプライベートを確保することも可能です。

 

こちらの事例の詳しいプランは、関連ページからもご覧になれます。

<関連ページ> LINE UP|スキップフロア|CAMP

 

30坪前後でスキップフロアのある間取り その③

スキップフロアの30坪前後の間取り

スキップフロアの30坪前後の間取り

1F床面積 :51.34㎡(15.53坪)

2F床面積 :55.48㎡(16.78坪)

延床面積 :106.82㎡(32.31坪)

建築面積 :52.99㎡(16.02坪)

 

スキップフロアの30坪前後の間取り

こちらは延べ床面積が約32坪の実例です。

ナチュラルカラーの無垢床が、スキップフロアの上にある吹き抜けからの光を受けてとても明るい室内となっています。

 

スキップフロアのある家のルーフバルコニー

スキップフロアからはルーフバルコニーへと続きます。

 

スキップフロアの30坪前後の間取り

スキップフロアのアウトサイドガレージ

スキップフロアを活用して、趣味のスペースやガレージも作れます。

メインとなる居住スペースのほかに、毎日を楽しくしてくれる空間をたくさん作れるのは嬉しいですね。

 

こちらの事例の詳しいプランは、関連ページからもご覧になれます。

 

 

まとめ

スキップフロアは私たちの住空間を視覚的に広げてくれるだけでなく、遊び心やゆとりも大きく広げてくれます。

30坪という一般的な広さでありながら機能もワクワク感もぐっと大きくしてくれる、そんな空間なのではないでしょうか。

間取りに取り入れる際に空調やプライバシーなどが気になったら、あらかじめ対策しておくとより安心ですね。

おしゃれなマイホームにしたい

明るく開放感のある家に住みたい

家族の会話が弾む笑顔あふれる家にしたい

趣味の部屋を充実させたい

そんな願いを叶えるスキップフロア、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

埼玉で自由な家づくり相談会開催中!

テクノホームの家づくり相談会は、お客様皆様がお持ちの「ご不安なこと」、「今後のライフプランニングについて」、「住宅ローンのこと」、「BinO」のこと等、大きなことからどんなに小さなことでもご相談をして頂き、今後のご参考にして頂く相談会です。

  • 「これからお家づくりを始めたいけど、何から聞いたらいいのかわからない」
  • 「どこかに相談したいけど、一度相談したらしつこく営業されそう・・」
  • 「土地探しも一緒にお願いしたい」

このようなお考えのお客様は、どうぞお気軽にご来場ください! 20代~30代のスタッフで運営する、少人数の会社ならではのアットホームな雰囲気で、お客様のお話を、じっくりとお聞かせ頂きます。また、オンラインでの相談も受付けております♪ こちらからの勧誘や営業を行う場ではございませんので、 どうぞ安心してご予約ください!

また、オンラインでのご相談も受け付けております。 ご自宅にいながら気軽にご相談いただけますので、ご都合に合わせて是非ご活用ください。

家づくり相談会

 

自由で楽しいアウトドアハウス「BinO」

自遊にくらす

最後に、おしゃれなデザインと自由なアウトドアライフを送れるマイホームプラン「BinO(ビーノ)」をご紹介します。

「自遊にくらす」コンセプトのBinOは、毎日がワクワクな子ども時代に戻れるようなデザインと間取りアイデアがいっぱい♪

平屋・二階建てはもちろん、幅広いラインナップでさまざまなアウトドアライフにピッタリなマイホームを建てることができます。

 

ローファー完成見学会

平屋+αのロフトハウス「LOAFER」のスペシャルプラン 『LOAFER L-TUNE』完成見学会開催中!!

もっと暮らしやすく、もっとステキに新しく生まれた LOAFER L-TUNE♪ 家族の時間も、自分の時間もあきらめたくない 家族の笑顔をもっと輝かせたい、 そんな欲張りでスペシャルなLOAFERです。

当社では、しつこい営業活動や不要な訪問活動等は 一切行っておりませんので、ご安心してご予約ください♪ 楽しく、誠意をもってご案内させて頂きます!

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

CONTACT FORM

是非お誘いあわせの上
イベント・ショールームにお越しください!!

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願いします

お急ぎの方はお気軽にお電話ください! Tel.0480-42-6190
希望する資料【複数選択可能】
お問い合わせ経緯【1つを選択】
お問い合わせ内容【複数選択可能】
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
郵便番号必須
都道府県必須
ご住所必須
年齢必須
趣味

MENU