平屋にスキップフロアのある間取りは子ども部屋や書斎など多彩な可能性をもっている

平屋にスキップフロアのある間取りは子ども部屋や書斎など多彩な可能性をもっている

2階建てや3階建てのスキップフロア構造の家には、多数の階層がありますが、平屋にスキップフロアのある家は2層、または3層のシンプルな間取りです。平屋暮らしの良さと並行して子供部屋や書斎を設けられるだけのプラスαの空間が得られます。スキップフロアは後悔することになるという声もありますが、暮らしやすさは間取りで変わります。

平屋にスキップフロアがもたらす室内環境への影響

BinO CAMP スキップフロア構造

BinO CAMP

2階建てや3階建てのスキップフロア構造の家は、1階と2階、2階と3階の間に複数の階層を設け、一般的な2階建て、3階建ての家と同じ高さでありながら、床面積を余分に確保できる家です。

一方平屋では、1階の床よりも高い位置に小屋裏空間を活かした階層を設ける、1階の床より低い位置に階層を設けるといった方法で、スキップフロアを採り入れます。両方を採り入れれば、3つの階層がある家になり、どちらかだけを採り入れれば2つの階層がある家が生まれます。

1階の床よりも高い位置に小屋裏空間を活かした階層を設けるという間取りは、固定階段付きのロフトハウスと共通する空間の使い方です。床が高くなった分、片流れ屋根や三角屋根の傾斜の高い部分の小屋裏空間を活かして、縦の空間が拡げられます。

それでは、平屋にスキップフロアを設けることによって室内環境はどのような恩恵を受けるのでしょうか?

日当たりが良くなる

平屋には周辺の環境や家の形状にもよりますが、2階建てのように高い位置に窓がない為、日当たりや風通しが確保し難いという問題点があります。一方、スキップフロアを採用した平屋では、床よりも高い位置に階層ができるので、高い位置に窓が設けられます。

加えて、スキップフロアの家は、間仕切壁で空間を区切るのではなく、段差で緩い区切りを生み出します。その結果、高い窓からの陽射しが下の階にまで降り注ぎ、家中が明るくなります。

また、居住面積を増やすために地下室を設ける間取りでは、陽射しが入らない空間が生まれやすいのですが、スキップフロアで床の高さを下げる間取りでは、その部分にも上の階層からの陽射しが届きます。

風通しが良くなる

下の階層にある窓からの風は、間仕切壁に遮られることなく、上の階層の窓へと吹き抜けていき換気の良い家が生まれます。また、風の流れに乗って室内の熱が外部に排出され、涼しい環境がつくりやすくなるという良さもあります。

換気の良さは家族の健康にも住宅の耐久性にも大きな影響があります。

参考サイト 増加するアレルギー症状の子どもたち
参考資料 建築の結露と健康性

家の中の温度差を抑えられる

BinO CAMP リビング

BinO CAMP リビング

スキップフロアの家は、間仕切壁で遮られないので、常に空気が循環しています。その為、住宅に十分な気密性と断熱性が備えられていれば、薪ストーブ1台で家中を暖められるなど、少数の機器で家中の室温を調えられます。

スキップフロアにして後悔しているという声の中には、冷暖房の効率が落ちるという意見が聞かれます。そのような状況になる原因は、十分な気密性と断熱性がないことです。日本では長い間、暖房ではなく採暖という考え方で寒さに対処してきました。人がいる場所だけを暖めるという考え方です。

エアコンや置き型の機器で、間仕切壁で区切られた居室の内、家族がいる部屋だけを暖めるという方法です。その結果、暖房をしていない廊下や玄関、トイレなどは冬になると寒くという状況の家も多かったのです。

このような温熱環境の家には、子どもが風邪をひきやすい、高齢者にとってはヒートショックや室内熱中症のリスクが高まるなどの問題があります。

一方、暖房とは、採暖と違い家全体を暖めるという考え方です。その為には、家中に空気が循環する間取りが求められます。間仕切壁で居室を区切る間取りの家では、格子の建具などを使い、空気を人感させる工夫をしますが、スキップフロアの家には間仕切壁がないので、自然に空気が循環する環境が造られます。

暮らし始めてから後悔しないようにするためには、スキップフロアのある家にする場合には、高い断熱性と気密性を持たせるということに留意する必要があります。

参考サイト 日本医師会 冷暖房と換気

スキップフロアが間取りにもたらすプラスαの空間

BinO CAMP スキップフロア

BinO CAMP

2階建て住宅に比べると、床面積が少ないということも平屋の問題点の一つとして挙げられます。2階建て住宅の中でも、箱型の2階建て住宅と比較すると、平屋には半分の床面積しかありません。都市部では土地の価格が高額なので、平屋で十分な居住面積を得られる敷地を購入するのは大変です。

そこで考えられる方法がスキップフロアを採り入れた間取りです。限られた床面積の中で間取りプランを進めていくと、リビングやキッチン、浴室、洗面所など、欠かすことのできないスペースに床面積を割り当てていくことになると思います。

その結果、子ども部屋はなくても仕方ないか…いや書斎をあきらめよう…などの葛藤が生まれることがあります。また、収納スペースを減らすという方向に計画が進むこともあります。

子ども部屋

子ども部屋に関しては、東京ガスが行ったアンケート結果を見ると、子どもが最も長い時間を過ごす場所貼りリビングで、中学生、高校生になっても使わない子どもは少なくないようです。

ただ、ほとんどの子どもが子ども部屋は欲しい、子ども部屋があって良かったと答えています。それを考えるとできれば子供部屋は用意してあげたいと思う親御さんは多いのではないでしょうか?

参考サイト 東京ガス ウチコト 【実態調査】子ども部屋はいつから必要? 一人部屋のメリット・デメリットとは【東京ガス都市生活研究所】

書斎

書斎に関しては、テレワークが増えているという近年の社会状況から考えて、自宅で仕事をする時間が増えている人には、どうしても必要なスペースです。ここ数年、マンションやリビング中心で書斎のない家から、書斎のある戸建て住宅への住み替えを検討、または実行する人が増えています。

書斎のない家での在宅ワークが、仕事をする本人にも、家族にも生活上のストレスを生み出すからです。せっかく戸建て住宅での家づくりを検討しているのに、床面積の問題で書斎をあきらめてしまえば、暮らし始めてから後悔することになりかねません。しかし、スキップフロアのある家では、平屋にはないプラスαの空間が生まれるので、子ども部屋や書斎に充てられます。

収納

BinO CAMP アウトサイドストッカー

BinO CAMP アウトサイドストッカー

収納を最小限にするという方法も、暮らし始めたから後悔する点の一つです。確かに、無駄な収納を多く造る間取りは、床面積も建築費も無駄になってしまいます。しかし、生活に必要な物を全て収納できるスペースがなければ、リビングにも玄関にも洗面所にも、あらゆる場所に物が溢れ、片付かない家、整理整頓ができない家になってしまいます。

家の中の物を収納できるスペースと、自転車やベビーカー、スポーツ用品など家の外で使うものを収納できるスペースが備えられている家では、家の中も、玄関周りや庭もすっきりと調えられます。

スキップフロアと家族のコミュニケーションの関係

暮らしやすい家を構成する要素の中に、家族の愛情が育まれる間取りと、家族一人一人のプライバシーが確立できる間取りがあります。この両方を兼ね備える家には、家族のコミュニケーションが自然に生まれるチャンスが多く、親御さんは子どもの行動を把握しやすいという良さがあります。そして同時に、仕事の集中したい時や、一人になりたい時には、自分の時間が持てるスペースもあるということが大切だからです。

スキップフロアは間仕切壁で区切られていません。特に平屋とスキップフロアの組み合わせでは、家の中のどこにいても家族の気配が感じられます。同時に、段差で緩く区切られているので、勉強や仕事に集中するスペースも備わっています。

スキップフロアの家を規格住宅で建てると後悔しないですむ理由

岩槻MODEL HOUSE|BinO | WAVE36

岩槻MODEL HOUSE|BinO | WAVE36

規格住宅の中にはスキップフロアのラインナップが充実している規格住宅があります。そして、スキップフロアの家を建てる場合、注文住宅で建てるより、規格住宅で建てる方が、家づくりをスムーズに進められ、最終的に後悔のないスキップフロアの家が完成します。

規格住宅ならモデルハウスでスキップフロアを体感できる

注文住宅には自由度が限りなく高いという良さがありますが、間取りプランを作成する段階では、完成した家を体感できません。一般的な平屋住宅であれば、間取り図や完成予想模型などで、かなり完成後の家を理解し、想像できます。

一方、スキップフロアの家は、間取り図や完成予想模型ではわかりにくい部分が多くあります。なぜなら多くの人がスキップフロアで家に長く暮らしたという経験がないからです。スキップフロアの家では、家の中に立ってみたり、歩いてみたりするなどの体感を得ることが大切です。

この部分を飛ばして間取り図や完成予想図だけで間取りプランを進めてしまうと、暮らし始めてから、暮らしにくさを感じ後悔することになる恐れがあります。規格住宅なら同じ間取りの家のモデルハウスを見学する、全く同じ間取りタイプのOB宅を見学するなどの方法がとれるので安心です。

耐震性に対する安心感がある

スキップフロアには、優れた設計力と、熟練した技術力が求められます。空間が繋がっているので、設計と間取りによっては、必要以上に音が響く、採光のバランスが良くない、風が通らないなどの問題が発生することがあります。

また、建築基準法では木造住宅に対して構造計算が求められていませんが、耐震性が低下しやすいスキップフロアの場合には、必ず構造計算に基づいた設計で、確実な耐震性を備える必要があります。規格住宅であるBinOの家はスキップフロアに限らず、全ての家に対して構造計算が行われているので安心です。

スキップフロアでの家づくりを計画されるならBinOのモデルハウスにぜひおいでください。毎日を楽しく快適に過ごせる家を体感していただけます。

テクノホームは土地探しのお手伝いもします!

モデルハウス岩槻WAVE36 | WAVE

初めて家を建てようと考えている方のほとんどは、土地の購入に慣れてはいないはずです。土地を探しながら、家づくりを進めるのは、とても難しいことです。敷地の周囲の環境は、何度も足を運べばわかりますが、地盤の質などは、わかりません。

土地は、駅からの距離や、周辺の環境以外に、地盤の質、敷地の形状、道路との位置関係によって、土地の価格が変わります。加えて、適切な家の建て方も異なります。自分たちの理想の家を建てられる土地を見つけ出すのは、大変な労力です。

テクノホームは、土地探しから家づくりのお手伝いをいたします。そして、土地の形状、道路との位置関係を考え併せた上で、家の建て方をご提案します。

詳しくはこちらからご覧ください。モデルハウス岩槻WAVE36 | WAVE

 

テクノホームの家づくりへの想い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

健康な暮らしを作るきれいな空気の家

家族がストレスを感じない間取り

住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

資料のご請求

Techno Homeでは、あなたの住まいづくりをサポートするカタログをご用意しています。

埼玉県(幸手市・加須市・久喜市・白岡市・宮代町・杉戸町・蓮田市・羽生市・鴻巣市・桶川市・北本市・さいたま市全域・春日部市・越谷市・松伏町・吉川市・三郷市)

茨城県(古河市・坂東市・五霞町・境町)

千葉県(野田市)

Bino
Techno Style
現在選択中のカタログ

削除する場合には、再度カタログをクリックしてください

必須お問い合わせ経緯【1つを選択】
必須お問い合わせ内容【複数選択可能】
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須年齢
任意趣味
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。