シアタールームのある自宅にしたい!防音や費用など気になるポイントをチェック

シアタールームのある自宅にしたい!防音や費用など気になるポイントをチェック

映画は好きだけれど映画館に頻繁には行けない、せっかくレンタルしてきてもテレビでは映画館のような臨場感を味わえない、休日は家でゆったり過ごしたい…そのようなご家族にとって、シアタールームのある自宅は魅力的です。

シアタールームの実現には、スピーカー選びや防音装置など作り方による費用の違いと、間取り計画が大きく影響します。

シアタールームのある自宅の魅力

BinO allen シアタールーム

BinO Allen

映画館で観賞する映画の音響や映像の美しさは、テレビで見る映画とは全く違います。映画好きな人にとって、映画館に行けずテレビで見る映画は、味のないご馳走のようなものではないでしょうか?

ただ、現実には、子育て中で大好きな映画を見に行けない、コロナが気になって映画館に行く気になれない、仕事時間と映画館との位置関係で時間が間に合わず行けないことが多い…など、様々な事情から映画館で映画を見る楽しみを味わえない人も多いはずです。

特におうち時間が増えている今、映画館で見るように映画を見ることができる空間が自宅にあったら、家族全員で夕食後の時間や休日を楽しむことができます。

子育て中でも大人の映画を楽しめる

アメリカなど欧米の国の中には、食事や劇場に出かける時はベビーシッターを雇って夫婦だけの時間を楽しむという文化のある国もあります。一方、日本では子どもが就学するまでは、保育園や幼稚園に行っている時間以外は両親が見守るという子育て観があります。

子どもが観たがる映画なら家族揃って出かけることもできますが、子ども向けではない映画は、なかなか観に行けないのではないでしょうか?自宅にシアタールームがあれば、子供を寝かしつけた後に、ご夫婦でゆっくり映画を楽しめます。

子どもと一緒でも周囲に気を遣う必要がない

一人で子供を2人連れて子ども向け映画に出かけると、上の子どもは熱心に見ているのに下の子どもが泣き出してしまったり、外に出たがったりして困った状態になってしまうことがあります。

周囲の観客への迷惑が気になって映画館を出たい、しかし上の子は熱心に見ているから連れだすのはかわいそう、しかし劇場に一人残していく訳にはいかない…と葛藤することにもなりかねません。

自宅のシアタールームなら、他の観客に気を遣う必要がありません。上の子どもをシアタールームに残して下の子どもを寝かしつけに行くこともできれば、一時映画を中断することもできます。

時間に縛られない

仕事時間を考えるとレイトショーになってしまう、レイトショーが終了する時間は終電ギリギリで少しの差で乗り遅れる恐れもあるなど、映画館は上映開始時間が決まっているので、時間調整が難しい場合があります。また映画館への往復の時間もかかります。

自宅のシアタールームなら、いつでも家族の生活時間の中で都合の良い時間帯に映画を楽しめます。

関連記事:お父さん、お母さんは、子どもにとっての親であると同時に、暮らしを楽しみたい一人の大人でもあるはずです。家族の団欒と、自分だけの時間を両立させることができたら、日常はもっともっと充実し、楽しくなるはずです。スキップフロア構造の家で、趣味を楽しむ大人の家づくりを計画しませんか?

コラム スキップフロアで趣味を楽しむ大人の家を建てよう

自宅のシアタールームに必要な機材

シアタールーム BinO Earth Park

BinO Earth Park

 

シアタールームには、豪邸の地下室にあるゴージャスな空間というイメージがあるかもしれませんが、実際にはそれほど広くないスペースにでもシアタールームは作れます。用意するものは、プロジェクターとスクリーン、スピーカーの3点です。

プロジェクター

プロジェクターには設置方法、投影方式、投影距離、画質、接続方法の異なるタイプがあります。

設置方法

プロジェクターには据え置きタイプと天井吊りタイプがあります。据え置きタイプは床や台の上に、天井吊りタイプは天井から吊るします。スペースの倹約を考えると吊るすタイプ、設置の手軽さを考えると配線工事や落下防止対策が不要な据え置きタイプが向いています。

投影法式

プロジェクターの投影法式には、カラー表現が美しい3LCD方式、ドットの格子が目立たず、鮮明なコントラストのDLP方式、優れた映像が楽しめるが高額なLCOS方式という3種類があります。予算と映像への好みに合わせて選びましょう。

投影距離

シアタールームの広さによってプロジェクターからスクリーンへの投写距離は変わります。あらかじめ投写距離を確認した上で、投写距離に応じた投影法式、投影サイズのプロジェクターを選びましょう。

画質の違い

プロジェクターにはフルHD と4Kがあります。これから購入する場合には、フルHDにはない画質の繊細さや迫力があり、映画館で見るようなリアリティが感じられる4Kがおすすめです。さらに、立体映像を楽しめる3D機能を備えているタイプを選ぶと、より楽しさが拡がります。

接続方法

Wi-FiやBluetoothを使ったワイヤレス接続と、コンセントからHDMIコード接続する方法があります。ワイヤレス接続はコードが邪魔にならない、ゴチャゴチャしないという良さがある一方、ゲームも楽しみたいという場合には、表示が遅延することもあるので注意が必要です。

参考サイト

ビックカメラ.COM 【2022年】プロジェクターのおすすめ20選 家庭用からビジネス用まで幅広く紹介

スクリーン

スクリーンもプロジェクターと同じようにシアタールームの広さに合わせてサイズを決める必要があります。

プロジェクターでは投影距離を測りましたが、スクリーンの場合は、スクリーンを見る時の目線からスクリーンまでの視聴距離を測ります。視聴距離の3分の1程度のスクリーンサイズがちょうど良いとされていますが、好みもあります。

例えば、視聴距離が200~240cmであれば、80インチ程度が一般的ですが、劇場で映画鑑賞する際にも、前方の列が見やすいと感じる人もいれば、後方の列が見やすいと感じる人もいます。そのような好みを加味した上で、スクリーンのサイズを決めましょう。

スピーカー

コンパクトにしたい場合は、サラウンドシステムを体感できるサウンドバー、臨場感を出したい場合は、前方の左右と中央、後方の左右に、5.1chサラウンドスピーカーセットを設けると映画館のような音響を楽しめます。

シアタールームに必要な対策

シアタールーム BinO Loafer

 BinO Loafer

シアタールームでゆったり楽しむためには、防音と換気への対策をしておくことが大切です。

防音

大音響で映画を楽しみたい場合には、防音対策が必要です。地下室など、窓のない部屋であれば、近隣の住宅に迷惑がかかることはありません。ただ、窓がある部屋をシアタールームにする場合には、音が出て行かないような対策をしましょう。

防音室にすると費用が嵩みますが、窓を二重窓にすることで、かなり高い効果を得ることができます。二重窓にする場合、外側の窓と内側の窓の距離が長くなるほど、ガラスとガラスの間の空気層が厚くなるので、防音効果が高まります。加えて、室内側の窓には気密性の高い窓を採用すると、より高い防音効果が得られます。

換気

防音性を高める為、気密性だけに重点を置くと、空気が滞り空気環境が悪くなってしまいます。気密性の高さに対応できるだけの換気計画が大切です。

シアタールームにかかる費用

シアタールームは、プロジェクター、スクリーン、スピーカーの選び方、防音対策と換気計画によって必要な費用が大きく変わります。特に防音対策と空調設備には費用がかかります。

シアタールームを設ける場所

シアタールーム BinO CAMP

BinO CAMP

家全体の床面積の割り振りを考えた時に、シアタールームに充てるだけの面積が確保できない…という場合には、リビングをシアタールームにするという考え方もあります。ただ、リビングは日当たりの良い部屋なので、日中映画を楽しむためには、遮光対策が必要です。

また、リビングをシアタールームにはしたくない、独立して映画を楽しめるスペースが欲しいという場合には、スキップフロアやロフトを活かしてシアタールームにする間取りも考えられます。

加えて、家づくり費用には、予算の割り振りの優先順位があります。快適な環境を少ないエネルギーで創り出せる断熱性、省エネ性、大きな地震が発生しても安全を守れる耐震性などに充てる費用を確保し、家族が暮らしやすい間取りの家にしていかなくてはなりません。

家づくり全体との予算のバランスを考えた上で、どの程度の面積と予算をシアタールームにかけられるかということを始めに割り出しておきましょう。予算の枠を決めておかず、理想を追い求めると、家づくりに不可欠な部分への予算が確保できなくなってしまいます。

予算に見合う計画を立て、予算内に収まる費用でシアタールームの計画を進めることが大切です。

関連記事:2階建てや3階建てのスキップフロア構造の家には、多数の階層がありますが、平屋にスキップフロアのある家は2層、または3層のシンプルな間取りです。平屋暮らしの良さと並行して子供部屋や書斎を設けられるだけのプラスαの空間が得られます。

コラム 平屋にスキップフロアのある間取りは子ども部屋や書斎など多彩な可能性をもっている

スキップフロアやロフトのある家でシアタールームのある自宅を実現しませんか?

テクノホームの家づくりへの想い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

健康な暮らしを作るきれいな空気の家

家族がストレスを感じない間取り

住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

資料のご請求

Techno Homeでは、あなたの住まいづくりをサポートするカタログをご用意しています。

埼玉県(幸手市・加須市・久喜市・白岡市・宮代町・杉戸町・蓮田市・羽生市・鴻巣市・桶川市・北本市・さいたま市全域・春日部市・越谷市・松伏町・吉川市・三郷市)

茨城県(古河市・坂東市・五霞町・境町)

千葉県(野田市)

Bino
Techno Style
現在選択中のカタログ

削除する場合には、再度カタログをクリックしてください

必須お問い合わせ経緯【1つを選択】
必須お問い合わせ内容【複数選択可能】
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須年齢
任意趣味
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。