MENU

暮らしやすい注文住宅を実現する為に抑えておきたいポイント

注文住宅のリビング

家づくりの中で、最も自由度が高い家づくりは注文住宅です。自由度が高いゆえに、最も難しい家づくり、最も時間のかかる家づくりとも言えます。長く住み、毎日必ず帰る場所である我が家を、暮らしやすい家にする為には、どのようなことに注意しながら、家づくりを進めていったらよいのでしょうか?

暮らしやすい環境の家にしたい

L字型のLDK

【T-STYLE】幸手市|B様邸

家の中が1年を通して快適に調えられている環境は、快適さに加え、家族の健康維持にも繋がります。夏涼しく冬暖かい家にするためには、断熱性と気密性を高めることと、自然のエネルギーを利用することが必要です。

断熱性とは、住宅の外気に触れる部分全てから、熱の出入りを断つ性能です。屋根、壁、窓、玄関と勝手口、床からの熱の出入りを抑えられれば、家の中を魔法瓶のような状態にできます。暖かさ、涼しさが家の中から逃げていかず、暑さ、寒さが家の中に侵入してこないからです。

気密性とは、屋根、壁、窓、玄関と勝手口、床の隙間から逃げていく空気をなくす性能です。面でどんなに断熱しても、隙間から空気が出入りしてしまえば、空気と共に熱も出入りしてしまいます。

加えて、断熱性と気密性の高さに応じた換気計画も必要です。家の中の空気が動かなくなってしまえば、日常生活から発生する二酸化炭素や、ハウスダストなどが、室内に充満してしまいます。

家の外側を包む部分の断熱性と気密性が十分に備わっている家では、家の中の温度差が抑えられます。断熱性と気密性が十分ではない家は、冷暖房をしている場所と、冷暖房をしていない場所に温度差が大きく、玄関や廊下などを快適な温度にはできません。また、暖房をしている時間帯と、冷暖房をしていない時間帯の温度差が大きいと、早朝や帰宅時には、冬は寒く、夏は暑い室内になってしまいます。

高断熱、高気密の家では、場所や時間差による温度差が抑えられるので、快適に暮らせます。ただし、断熱・気密性能は、高めれば高めるほど、建築費が嵩んでいきます。住宅性能について調べ始めると、住宅性能を表す数値にこだわり始めてしまうことがあります。住宅の性能は、数値だけで計りきれるものではありません。関東は比較的温暖な気候なので、北海道の家に求められるほどの断熱性を備える必要はないのです。

地域の気候にあった断熱性能を備えることに加えて、自然エネルギーを利用することも、夏涼しく冬暖かい家にする大きな助けになります。その一つは、方角と軒の深さが計算された軒の造り方です。外気温が下がり、太陽に位置が低くなる冬には、家の奥まで届く陽射しが、室内を暖かくします。外気温が上がり、太陽の位置が高くなる季節には、日射を遮蔽し、太陽の熱を家の中に侵入させないことが、室内を涼しくします。

また、地域の風の性質に配慮した窓の位置と開閉方法は、室内に広い風の通り道を作り、換気の良い環境を作ります。夏涼しく、冬暖かい家にするためには、住宅性能を表す数値だけに捉われず、自然のエネルギーを活用することも併せて考えることが大切です。

暮らしやすい間取りの家にしたい

リビングダイニング

【T-STYLE】加須市|MODERN STYLE

家族の愛情を育める家にしたい、掃除がしやすく常にすっきりしている家にしたい、家事負担の少ない家にしたい…このような希望は、間取りの造り方で実現します。その為に、まず考えなくてはいけないことは、家族の暮らし方です。最も暮らしやすい間取りは、家族によって異なります。家族構成、家族の暮らし方によって、暮らしやすい間取りは変わってきます。100の家族があれば、100通りの「暮らしやすい家のする為の間取り」があるということです。

可変性のある間取り

同じ家族であっても、タイミングによって暮らしやすい間取りが変わります。特に、子育て中には、子供の年齢と成長に応じて、暮らしは日々変化します。そして、家を建てたご夫婦は、やがて高齢になっていきます。

まず考えておきたいことは、人生のどのステージにおいても、暮らしやすさを持続できる家にするということです。幸いなことに、日本で最も多く建てられている在来工法の木造住宅には、リフォーム時の間取り変更の自由度が高いという特質があります。

始めに家づくりを計画する際、細かく居室を区切るのではなく、可変性を考慮して間取りを決めていくことができるのです。子供が就学までは、両親の寝室と子供部屋を繋げて広く使い、子供が小学校高学年になったら分割する、下の子供も成長したら、子供部屋をさらに分割するなど、タイミングに合わせて、手軽に変化させられる間取りにしておくという考え方です。

家族の愛情を育む間取り

近年は、家にいる時間はほとんどリビングで過ごす、という家族が増えてきました。そのような家族には、リビング中心の間取りが好まれます。家族の自然な触れ合いのチャンスが多く、愛情が育まれるからです。リビング中心の間取りでは、ダイニングキッチンとリビングが繋がっているので、子供が小さいうちは、常に見守ることができます。加えて、リビングと玄関と直結していて、子供部屋へは、リビングを通る動線が造られているます。その為、子供が一人で外出できるようになってからは、子供の行動を把握できます。

ただ、リビング中心の間取りにする場合には、リビングにある程度の床面積が必要です。限られた床面積の中で、広いリビングを造る場合には、子供部屋や夫婦の寝室、リモートワークが増えている家族は書斎との配分を十分に考える必要があります。

床面積から考えて、子供部屋や書斎を作ると、LDKが狭くなってしまうという場合には、リビング内に、勉強コーナーや書斎コーナーを造るなどの選択肢もあります。反対に、リビングとダイニングを統合し、床面積を抑えるという考え方もあります。ソファセットとダイニングセットを兼用する方法です。どのような間取りにするのかを決める際には、現在の暮らし方と、新しい家での暮らしを具体的に思い描き、リビングと、勉強や仕事をする為に必要なスペースの配分を決めることが大切です。

掃除がしやすく常にすっきりしている家にする収納

来客動線と玄関収納

【T-STYLE】加須市|A様邸

デッドスペースを割り振るというような収納の作り方は、使いにくい収納ばかりの家になってしまう恐れがあります。収納に大切な要素は、使いやすい動線上にあること、収納するもののサイズと、収納する物の量にあっていることです。しまいたい時に、しまいやすい場所に、しまいやすい大きさの収納があり、その収納が家族全員分の容量を備えていれば、家の中は自然に片付きます。

玄関に、土間収納とクローゼットタイプの収納があると、土間収納には、靴や傘の他にスポーツ用品やベビーカーなどを、クローゼットタイプの収納には、外出時に着用したコートや帽子など収納できます。リビング中心の間取りの家では、リビングに物が溢れやすいので、玄関の大型収納、または玄関片リビングにかけてのウォークスルークローゼットがあると便利です。

家事負担を軽減する工夫

キッチンとリビング、洗面所、階段が回遊できる間取りが、全体的な家事負担を軽減します。その中で、2階建て以上の住宅では、洗濯に関わる家事は、階段が負担を大きくします。洗濯物を持って階段を上がり2階、または3階のベランダに干し、夕方には階下に運んでアイロンかけなどの仕上げをし、再度家族の居室に収納しなくてはなりません。

家事負担を軽くするためには、洗濯室、または洗濯室を兼ねる洗面所の造り方が役立ちます。共働きで、洗濯物を取り込む時間が遅くなってしまうというような状況であれば、洗濯室は防犯効果もあります。また、花粉や黄砂が気になる場合にも役立ちます。

洗濯室、または洗濯室を兼ねる洗面所には、洗濯物を干すスペース、たたんだりアイロンをかけたりするスペースと、収納を設けます。収納は、洗面用品や洗濯洗剤、掃除用品の収納の他に、パジャマや下着など、入浴後に身につける衣料品も収納できるサイズの収納を設けます。特に子育て中には、子供の入浴準備の為、浴室、洗面所と2階の子供部屋を往復する回数を減らせます。

***

ここに挙げた例はほんの一例です。家族それぞれにとっての暮らしやすい間取りは無限にあります。家づくりを成功させるためには、理想の家にする為の様々なポイントを、予算との兼ね合いの中で、適切に配分することが大切です。家族の理想の家のカタチを理解し、実現に向けて取り組む工務店との二人三脚で、家族の為の暮らしやすい家を建てましょう。

分譲中の完成モデルハウスのご案内

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウス分譲について

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウスは、テクノホームが自信をもってお勧めする高品質な住宅T‐CUBEです。自然素材をふんだんに使ったリゾートライクな居心地の良い家です。ぜひ見学においでください。

Hamilton City加須市琴寄 モデルハウス分譲 T-CUBE

Hamilton City加須市琴寄周辺は、利便性の高さと自然が調和し、のびのびと生活ができる大型分譲地です。

Hamilton City加須市琴寄 周辺環境

 

テクノホームの作品集

幸手市| MODEL(The S……

幸手市|B様邸

加須市|A様邸

幸手市U様邸

MORE 

 

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

テクノホームは、埼玉県幸手市にありますが、埼玉県だけではなく、茨城県の古河市・坂東市・五霞町・境町、千葉県の野田市からのご依頼もお受けいたします。

テクノホームの施工エリア
埼玉県幸手市・加須市・久喜市・白岡市・宮代町・杉戸町・蓮田市・羽生市・鴻巣市・桶川市・北本市・さいたま市全域・春日部市・越谷市・松伏町・吉川市・三郷市
茨城県古河市・坂東市・五霞町・境町
千葉県野田市

 

埼玉県、茨城県、千葉県で家づくりをご検討中の方は、ぜひご相談ください。

お問い合わせ