MENU

スキップフロアの家を建てる前に知っておきたいこと

BinO Earth Park スキップフロアの家

2階建てなのに複数の階層を作れる遊び心に溢れたスキップフロアの家は、暮らしを楽しみたい人に人気が高い住宅です。ただ、現時点において、スキップフロアの家に住んでいたことのある人は、それほど多くはありません。

実家もスキップフロアだった、よく遊びに行く友人の家がスキップフロアだというような人は少ないのではないでしょうか?スキップフロアの家には、実際に暮らしてみないとわからない良さもありますが、建て方によっては、暮らしにくくなってしまう恐れもあります。

スキップフロアでの家づくりにおいては、どのようなポイントに注意が必要なのか考えていきましょう。

スキップフロアとは?

BinO WAVE

BinO WAVE

スキップフロアには、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは、低い段差をつける方法です。例えば、リビングに畳の小上がりをつけたり、ダイニングの高さより、リビング部分を低くしたりするというような方法です。数段の階段をつけることもありますが、階段が必要ない段差にすることもあります。このタイプのスキップフロアは、ポピュラーで、実家の間取りもそうだったという人もいるのではないでしょうか?

このようなリビングの一部に、段差をつけるというタイプのスキップフロアは、一般的な2階建ての家と、暮らし方が大きく変わることはありません。低い段差をつけるスキップフロアは、床面積に余裕がある住宅に採用されるケースが多くみられます。

もう一つのスキップフロアは、家全体をスキップフロアにするタイプです。1階と2階の間に、複数の階層を設け、家全体をスキップフロア構造にする設計の手法です。このタイプは、暮らし方に大きな影響を与えます。加えて、実際に住んだ経験がない人も多いはずです。暮らしやすいスキップフロアの家を実現させるためには、注意しなくてはならないポイントが少なからずあります。それでも、多くの人が、スキップフロアの家を建てたいと希望する理由は、どこにあるのでしょうか?

スキップフロアの魅力

土地の価格が高額な日本において、同じ敷地面積の中で、いかに多くの居住面積を確保するかということは、重要な問題です。広い土地を購入すれば、家づくり費用が嵩み、狭小地を購入し、一般的な2階建ての家を建てれば、十分な居住面積を確保できないからです。

その結果、3階建ての家を計画するご家族が非常に多くいらっしゃいます。しかし、地域区分によっては、3階建てが許可されていない地域もあります。許可されていたとしても、暮らしやすさを考え、3階建てには住みたくないという思いもあるでしょう。

そこで、近年注目を浴びている設計の手法がスキップフロアです。家全体をスキップフロア構造にすることで、一般的な2階建ての家よりも、多くの床面積を確保できます。複数の階層を設けられることに加えて、間仕切壁を設けず、段差で緩い区切りをつけるスキップフロアには、廊下が必要ありません。その結果、より有効に床面積を活用できます。その他に、スキップフロア構造には、空間が繋がることによって生まれる魅力があります。

空間が繋がることによって生まれる魅力

BinO VILLS

BinO VILLS

スキップフロア構造には、床面積を多く確保できることの他に、空間が繋がることによって生まれる魅力があります。

開放的な雰囲気が生まれる

スキップフロア構造の家は、壁で空間を区切らず、段差で緩い区切りをつける為、家の中の空間が縦にも横にも繋がっています。その結果、視線が縦にも横にも拡がり、家全体が開放的に感じられます。

家族の自然なコミュニケーションが生まれる

家の中のどこにいても、家族の気配を感じ取れます。特に子育て中には、子供の見守りがしやすいという良さがあります。在宅ワークをしているお母さんは、仕事をしながら見守りができます。

光と風が届きやすい

一般的な2階建ての家では、周辺の環境や、間取りによって、陽射しが届きにくい、風が通らないという部屋が生まれてしまうことがあります。しかし、スキップフロアの家は、間取り次第で、上の階層からの陽射しが低い階層の部屋まで届き、低い階層の窓から高い階層の窓へと風が通り抜けていきます。

その結果、低い階層の部屋にも陽射しが溢れ、家中の風通しが良くなり、室温が高くなれば、室内の熱を外に排出できます。

遊び心を活かせる

複数の階層によって、思いがけない隠れ家的な空間が生まれます。シアタールームにする、趣味の作業場にするなど、生活の中に楽しい時間を採り入れられます。

収納スペースが十分に確保できる

段差を活かして、たくさんの収納スペースを造ることができます。天井が低い収納から、ロードバイクや、サーフボードの手入れができるような土間収納まで、様々なタイプの収納スペースです。

移動がしやすい

ドアや引き戸がないので、開閉の手間がないことと、階段の段数が少ないことから、家の中での移動が楽にできます。また、居室が区切られている家では、暖房をしている部屋と、暖房をしていない部屋の温度差が大きくなる傾向にあります。その結果、冬場は、家族全員が、リビングに籠るというような状況になってしまうことがあります。

スキップフロアの家では、家の中の空間が繋がっている上に、廊下がないので、家の中に温度差がありません。その為、冬の寒さや、夏の暑さが厳しい時期であっても、家の中のどこへでも、移動しやすく、活発な暮らしができます。

スキップフロアの家にする際に注意しなくてはならないポイント

BinO ALLen

BinO ALLen

スキップフロア構造の家が占める割合は、日本国内の木造住宅の中で、ほんの少ししかありません。したがって、スキップフロア構造の家の設計、施工に慣れている建築家が多いとは言えない状況です。一方、スキップフロアは、一般的な2階建ての家に比べ、設計によって、住宅の完成度が大きく変わります。

光と風が採り入れやすいというスキップフロアの魅力は、光や風を採り入れる為、窓の位置や、家全体の間取りなどを、十分に計算した上で実現します。もし、それが不十分な設計であれば、日当たりと、風通しの悪い家が完成してしまいます。その他にも、造り方によって、暮らしやすさが損なわれてしまうリスクがいくつかあります。

スキップフロアの家を建てる場合には、そのリスクを避ける為に、注意しなくてはならないポイントとはどのようなことでしょうか?

季節に応じた室温を確保する方法に配慮する

スキップフロアの家に限らず、一般的な2階建て住宅においても、発生する問題ですが、空間が拡がることによって、冷暖房の効率が落ちるリスクがあります。この問題を解決する為には、2つのポイントがあります。ひとつは、断熱性と気密性を高くすることです。もうひとつは、冷暖房に対する考え方です。

日本では、長い間、暖めたい場所だけを暖めるという暖房の方法が主流でした。この方法は、家の中に温度差を生み出すとともに、エネルギーも多く消費します。一方、スキップフロアの家に必要な冷暖房は、家全体を暖める、家全体を涼しくするという考え方です。断熱性と気密性を高め、家全体を魔法瓶のような状態にし、暖かさ、涼しさを家全体に行き渡らせるのです。この方法は、快適な室温を生み出すだけではなく、省エネにも繋がります。

スキップフロアの良さを活かし適切な建築費で施工できる工務店探し

BinO CAMP

BinO CAMP

スキップフロアは設計、施工が難しい上に、構造計算が必要であることなどから、建築費が嵩んでしまう傾向にあります。加えて、スキップフロアの家を建てようと計画されているご家族にとっては、平面図や、小さな模型で仕上がりの予想を見せられても、具体的な暮らしを思い描きにくいという問題があります。

スキップフロアの良さを、十分に活かした家を建てる能力を持った施工先を探すこと、注文住宅でスキップフロア構造の家を建てると、建築費がかなり高額になってしまうので、規格住宅を探すこと、モデルハウスが見学できる工務店を探すことが、スキップフロアでの家づくりを成功させるポイントです。

BinOは、ライフスタイルに合わせてシリーズを選べるスキップフロア構造の規格住宅です。ぜひモデルハウスでスキップフロアの家の魅力を体感してください。

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方