MENU

住みやすい家を生み出すスキップフロアや吹き抜けのある家

住みやすい家

家は、長く家族が暮らす場所であり、家族の愛情を育み、仕事や学校での疲れを癒す場所でもあります。そして、その大切な家を手に入れる為には、家族の一生に影響を与えるほどの費用がかかります。

それほど重要な家づくりですから、必ず家族にとって最も住みやすい家にしなくてはなりません。現在の住みやすさはもちろん、いつまでも住みやすさが続く家を建てる為に、必要なことは、数えきれないほどあります。その中で、家族の好みや価値観に関わらず、必ず押さえておかなくてはならない要素は、安全と快適です。

安全な家とは、家族の安全と財産を守れる家です。地震や台風などの自然災害に強く、防犯性の高い家です。特に地震大国である日本の家づくりには、最も大切な要素です。安全な家という土台の上に立って、住みやすい家の快適性について考えていきましょう。

快適な環境を最小限のエネルギーで調える

BinO WAVE

BinO WAVE

日本には四季があり、1年のうちには、涼しい風が吹き抜ける心地よい季節もあれば、冷暖房をしなければ過ごせない時期もあります。快適な環境を創り出すためには、「季節ごとの変化を受けとめられる家」である必要があります。季節ごとの変化を受けとめる為には、住宅の断熱性と、自然エネルギーとの付き合い方が求められます。

住宅の断熱・気密性

酷暑や極寒の季節であっても、最小限のエネルギーで、快適な室温を調える為には、家の中を魔法瓶のような状態にする必要があります。外部からの熱や冷気を採り入れず、内部からの暖かさや涼しさを逃がさない為です。そのような状態を作り出す性能が住宅の断熱性と気密性です。

住宅の断熱・気密性と間取りと省エネの関係

住宅の断熱・気密性を活かす間取りによって、少ないエネルギーで家全体の温熱環境が調えられます。魔法瓶のようになっている家の中の空間が、吹き抜けやスキップフロアによって繋がっていると、涼しい空気、暖かい空気が家の中に循環するからです。その結果、家の中に温度差がなくなります。

居室ごとに細かく区切られている間取りの家では、居室ごとに冷暖房をする為、エネルギーの消費量が増える上に、場所によって温度差が生まれてしまいます。家中の温度差をまとめて調整するという冷暖房の方法は、場所だけではなく、冷暖房をしている時間帯と、止めている時間帯の差も抑えます。その結果、快適に暮らせることに加えて、家族の健康管理にも貢献します。

自然エネルギーとの付き合い方と間取りの関係

FREEQ HOMES MONICA

FREEQ HOMES MONICA

自然のエネルギーには、太陽の光と熱、風があります。自然のエネルギーとの賢いお付き合いが、エネルギー消費を抑えつつ、快適な環境を生み出します。

太陽の光と熱

太陽の光は家の中に明るさを届けてくれます。太陽の熱は、冬は暖かさを届けてくれる一方、夏は暑さを侵入させます。快適な環境を調える為には、周辺の環境に合わせた太陽の熱と光との賢い付き合い方が求められます。

敷地周辺の環境が、緑の多い開けた環境であれば、日射遮蔽対策だけですみますが、住宅地においては、それだけでは足りません。周辺を住宅やマンションに囲まれていて、陽射しを採り入れにくい場合には、間取りと窓の配置を工夫し、日当たりの良い家にすることが大切です。

日当たりの良い家は、日中は照明をつけなくても、日常生活に支障をきたさず、冬は、陽射しの暖かさで暖房をサポートします。その結果、日当たりの良さは、照明や暖房に使うエネルギーを減らすことに繋がります。

自然の風

窓からの風は、家の中の空気を入れ替え、爽やかにする働きをします。ただ、風も太陽の明るさと同じく、周辺の環境によっては、採り入れにくい場合があります。機械的な換気も、もちろん必要ですが、窓からの風は快適な室内を作るためには欠かせません。

そこで、周辺の環境に合わせて、広い風の通り道が造れる間取りと、位置やサイズ、開閉方法に配慮した窓を設ける必要があります。吹き抜けやスキップフロアは、窓の位置に高低差を生み出すので、風通しの為にも有効な設計の手法です。

窓と快適性の関係

窓は、太陽の明るさと自然の風を採り入れるという重要な役割を果たす一方、冬は冷気、夏は日射熱、そして季節を問わず、通りや隣家からの視線を侵入させることもします。日当たりや風通しだけを考えて、窓計画を進めてしまうと、プライバシーを確保できない家になってしまいます。

その為、近年は、窓の少ない住宅も増えています。窓が少ない方が断熱性を活かしやすく、プライバシーも確保しやすいからです。しかし、家を建てる家族の好みにもよると思いますが、窓の少ない家より、窓からの光が溢れ、気持ち良い風が吹き抜けていく家の方が、快適性は高いのではないでしょうか?

その上で、プライバシーを確保する為には、通りや隣家との位置関係に合わせて、ハイサイドライトやトップライトを採用するなど、いつでも気兼ねなく開けられる窓を計画することが大切です。

家族の暮らし方にあった間取りと収納の関係

BinO MiMi

BinO MiMi

家の中でストレスなく行動できることも住みやすい家には、大切な要素の一つです。そのような環境を作るためには、「家族構成と暮らし方にあった生活動線を備えた間取り」が求められます。効率よく作業ができ、労働負担が減る家事動線、出勤、通学前の時間帯に、ラッシュにならない洗面所やトイレの配置、家事動線と帰宅動線にあった収納などが、住みやすい家を実現します。

効率よく作業ができ労働負担が減る家事動線と収納

家事動線は、毎日欠かさずしなくてはならない食事の支度と後片付け、掃除、洗濯の作業効率に影響を与えます。朝は、食事の支度と洗濯を同時に進めることが多いと思います。その合間に、子どもを起こしに行ったり、着替えを手伝ったりすることもありでしょう。キッチン、洗面所、階段、リビングを回遊できる動線を備えた間取りが、それらの家事を効率よく進める助けになります。

加えて、調理器具や食器類、買い置きの食料品などをまとめて収納できるパントリーを設けると、キッチン内に物が溢れず、作業効率が上がります。キッチンが常にすっきりしていると、急なお客様があっても、慌てずにおもてなしできます。

また、洗濯物は、洗濯をする→ベランダに洗濯物を干しに行く→取り込んだ洗濯物を下の部屋に運ぶ→家族の居室に収納するという移動を伴います。もし、洗面所に洗濯物を干すスペースを造ったり、隣接して洗濯室を設けたりできれば、洗濯物にかかる家事負担を減らせます。

洗面所内、または洗濯室に、タオル、パジャマや下着など、入浴後に必要な物を収納するスペースを設けると、子供の入浴準備の為に、子供部屋と洗面所を往復する手間も省けます。

リビングをすっきりさせる帰宅動線に合わせた収納

リビング中心の間取りの家では、帰宅した家族がリビングに直行するので、リビングが片付きにくい状態になってしまいます。近年は、客間を設けず、リビングでお客様をお迎えする間取りが増えています。その為、家族が快適に過ごせることはもちろんですが、来客があった時に、おもてなしがしやすい状態を維持できるリビングである必要があります。

リビングに物が溢れてしまう原因は、家族が外出時に着用していたコートや、荷物をリビングに持ち込んでしまうことです。その為、玄関、または玄関からリビングへの間に、土間を利用したシューズクロームなど、家族で使える大型の収納があると、リビングに物が持ち込まれないようになります。

住みやすい家を生み出すスキップフロアや吹き抜けのある家

テクノホームが手掛けている規格住宅BinOはスキップフロアのある家、FREEQは、平屋ベースの吹き抜けのある家です。どちらも、自然のエネルギーを活かし、快適な環境を調える住みやすい家です。そして、大きな窓からの景観を楽しめることも、大きな魅力です。

スキップフロアの家 BinO

スキップフロアの家BinO ALLen

BinO ALLen

スキップフロアの家BinOには、ライフスタイルに合わせて、リビングの位置が異なる3つのシリーズが用意されています。

吹抜けがのある家 FREEQ

吹き抜けのある家 FREEQ HOMES LOAFER

FREEQ HOMES LOAFER

平屋ベースのFREEQには、平屋、ロフトハウス、2階建てのシリーズがあります。

住みやすい家を建てたい…と思っていても、家づくりに必要なことを、すべて家族で決めていくのは大変です。BinOも、FREEQも、自然素材をふんだんに使った住みやすい家です。規格住宅なので、基本的なプランが用意されています。その中から、家族構成、家族の暮らし方、家族の価値観にあった家を選んで、家づくりをはじめられます。

ぜひモデルハウスの見学においでください。

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方