子育て世代の平屋の暮らし

 

子育てしやすい家はどんな家でしょう?

子育てを始める前に家を建てようと家づくりを検討している方にとっても、子育てに奮闘しながら、家づくりを計画している方にとっても、新しい家の重要なポイントの一つは、子育てのしやすさでしょう。

ケガや病気をせず、元気に毎日を過ごし、明るくのびのびと子供が成長することは、すべての若いご夫婦の願いです。

子育てをしやすい家の条件について考えてみましょう。

平屋が子育てに向いている理由

子育てをしやすい家には、いくつかの要素が求められます。

  • 子供にいつでも目が届き、中学生、高校生になった時にも、自然なコミュニケーションが生まれる
  • 家事負担が少ない
  • 家の中での事故がおこりにくい
  • 子供の健康が維持できる室内環境

このような要素を満たそうと考えると、どうしても平屋に行き着きます。

それぞれの要素について、具体的に考えていきましょう。

 

 いつでも子供に目が届く間取りの家 

母親は、掃除、洗濯、食事の支度で、1日中家事に追われています。その家事をこなしながら、子供が就学するまでは、常に子供を見守らなくてはなりません。

子供は、大人の予期しない動きを突然することもあるので、目が離せないからです。

そんな暮らしには、家の中心にリビングがある平屋があっています。

間仕切壁が少なく、視線が通りぬける空間であれば、いつも子供を見守ることができます。

リビングから庭に続くウッドデッキがあれば、子供と一緒に季節の変化を楽しめるのも、平屋の良さです。リビングで家事をしていても、ウッドデッキで遊ぶ子供を見守れます。

平屋は、自然と融合しやすい環境、庭を身近に感じられる暮らしができる家でもあります。

子供が年頃になって、学校や部活に忙しくなっても、平屋なら、常に家族の自然な触れ合いが生まれます。2階建ての家は、間取りによっては、家族の誰かが出かけたり、帰宅したりしても、気が付かないこともあります。でも平屋なら、いつでも「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」と声をかけられます。

 

 家事負担の少ない家 

1階だけですべてが完結する平屋は、家事負担が少ない家です。

2階建ての家では、子供の入浴準備をするだけでも、子供のパジャマや下着を取りに2階に行く、子供を入浴させる、子供を連れて2階に上がり、寝かしつけると、2階と1階を行ったり来たりしなくてはなりません。たいしたことがないように思えても、毎日のことですから大変です。

濡れて重い洗濯物を持って階段を上がり、2階のベランダに干す、夕方には取り込んで、1階のリビングでアイロンをかけ、畳んで2階に運んで収納しなくてはなりません。掃除機を持って階段を上り下りするのも大変です。

平屋なら、子供部屋も1階にあるので、入浴準備や寝かしつけも手間がかかりません。

平屋なら、1階で洗濯して庭に洗濯物を干せます。取り込んだ洗濯物をリビングに運ぶのも、しまうのも、階段がないので楽です。

掃除機を持って階段の上り下りをしなくても良いし、お掃除ロボットを使えば、階段がないので、家中のお掃除が一気にできます。

 

♦ 階段事故のない家 

家の中で最も事故がおこりやすい場所は、浴室と階段です。浴室は、お年寄りのヒートショックが含まれているので、子供の事故が多いのは階段だと考えられます。

階段の形状にもよりますが、1階から2階までが直線でつながっている直階段で、子供が転倒すれば、深刻なケガをしてしまう恐れもあります。

階段のない家は、子育て中の家族にとって、事故のリスクが極めて少ない安心な家です。

 

♦ 地震に強いから作れる室内環境の良さ 

平屋は、2階建て、3階建て住宅に比べて、地震に強い家です。その為、大きな窓や天窓も自在に設置できます。

大きな窓や天窓のある家は、明るい陽ざしが差し込む時間が長く、風の通り道が広い家です。

明るい陽ざしが差し込む時間が長いので、冬はポカポカと暖かく、風の通り道が広いので、夏は涼しく過ごせます。

子供にとって日当たりの悪い家、風が通りぬけない家は、室内環境の良い家ではありません。

朝日を浴びて目を覚まし、家族揃って明るいダイニングで朝食を摂る、日当たりの良いリビングでお母さんに見守られながら遊ぶ…そんな毎日が子供には大切です。

また風通しの良い家は、カビやダニの心配がありません。風通しの悪い家には、カビが発生しやすく、カビが発生すると、ダニも発生してしまい、アレルゲンとなって、子供の呼吸器や皮膚にアレルギー性の炎症を起こしてしまうことがあります。

 

プラスαでさらに暮らしやすい平屋にできる

子育て中は、家事と子育ての両立で、お母さんはストレスが溜まりがちです。

でも、平屋の造り方で、ストレスのない楽しい子育てが実現します。

♦ 広い屋根付きウッドデッキのある家 

子育て中は、毎日の洗濯量が多いので、雨だからと言って1日お洗濯を休めば、次の日の洗濯が大変です。たっぷり一部屋分の屋根付きウッドデッキがあれば、雨の日でも洗濯物が干せます。

もちろん、お天気の良い日は、太陽の光を浴びながら子供を遊ばせられます。

週末には家族揃って、ランチや、夕涼みを楽しめます。

 

♦ リビング収納のある家 

リビングが家の中心にあると、家事をしながら、リビングで遊んでいる子供に目が届く、子供が成長してからも、常に家族の団欒を楽しめるといった良さがある反面、リビングか片付かないという問題も発生します。

主婦のストレスの中で、いつも上位に上がる問題のひとつが、リビングが片付かないということです。

玄関からリビングに直結できるため、帰宅した家族が、上着やバッグを置きっぱなしにする、いつもリビングで遊び子供のおもちゃがあちこちに散らばっているというような状況になりやすいからです。

でも、リビングに家族で使えるウォークスルークローゼットがあれば、リビングを自然に片付く部屋にできます。

扉がないので、子供が両手におもちゃを抱えたまま、中に入れます。

子供の手の届く場所に、子供用の棚があれば、遊んだおもちゃは自分で片づける習慣が付きます。

コートや上着をかけるパイプハンガー、帽子やバッグを置く棚、リビングで使う物の中で常時リビングに置きっぱなしにしたくない物、掃除機、就学した子供の勉強道具など、家族の暮らしに合わせて、収納しやすい造りにします。

 

♦ ロフトのある家 

ロフトは小屋裏を利用した空間です。

吹き抜けと組み合わると、子供が安全に上り下りできるようになった頃には、勾配天井のロフトは、隠れ家的な遊び場になります。

もちろん、収納スペースとしても優秀です。2階建ての家のロフトは、1階からの運搬が大変なので、収納できるものが限られてしまいますが、平屋なら手軽に利用できます。

 

クノホームは土地探しのお手伝いもします。

平屋は、密集した狭い敷地に建つ家に住む人にとっては、憧れの贅沢な暮らしです。

周囲からの視線を気にすることの無い広々とした土地に建つ平屋は、平屋の魅力を満喫できます。

ポカポカした陽ざしが溢れる家、心地よい風が吹き抜ける家、週末には家族揃って庭でバーベキューを楽しめる暮らし…そんな平屋でも暮らしを、始めませんか?

テクノホームでは、平屋の魅力を十二分に味わえるような土地を常にご提供しています。

初めての家づくりは、わからないことばかりで、不安を感じる人も少なくありません。

テクノホームは、ご家族の暮らし方にあった家づくりをお手伝いいたします。

自然素材を使った身体に優しい家、太陽光発電を利用したエコロジーな家を、リーズナブルな価格でご提供することが、テクノホームの理念です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ