MENU

1.5 階建は平屋の可能性を広げる家

1,5階建ての家

いつまでも安心して暮らせる家、子育てがしやすい家、家事負担の少ない家…土地層の家の暮らしができる家を思い描いていくと、平屋を建てたいという想いが生まれます。その一方、平屋で十分な広さが確保できるほどの敷地は購入できそうにないという不安も感じるのではないでしょうか?

もし、平屋の良さを持ちながら、プラスαの空間を持つ家が実現するなら、平屋に住みたいという想いはかなえられるのではないでしょうか?

多くの人が平屋に住みたいと思う理由

一生のうちに、何度も家を建て替える人は、多くはいません。子育てに備えて家を建て、子どもが独立していってからも、終の棲家として、住み続けるのではないでしょうか?その長い年月の間には、子供の成長や結婚、家を建てたご夫婦の現役からのリタイアなど、様々なライフステージを迎えます。その度に、ライフスタイルは徐々に変わり、暮らしやすい家のカタチも変化していきます。その長い年月におこり続ける変化に、平屋は柔軟に対応し、家族の成長と変化に寄り添って、家族の暮らしを育むという良さがあります。

子育てに備えたご家族にとっては、子育てがしやすいという魅力もあります。子育てをする親の気持ちは、価値観や教育方針などによって、異なりますが、共通する願いは、怪我や病気をせず、健康にのびのびと成長して欲しいということなのではないでしょうか?子育て期間で、就学までは、常に見守りが必要です。その為、母親は家事をしながら見守りをしなくてはなりません。このような見守りが必要な時期、平屋は、間取りの造り方で、家の中や庭への視線が届きやすい環境を調えられるので、安心です。

また、子供が就学し、一人で外出できる年齢になった時にも、平屋は家族の気配が感じられる家なので、子供の外出帰宅を把握しやすい良さがあります。ただ、子供の成長に伴って、おもちゃや勉強道具、衣類など、家の中には物が増えていきます。そんな時に、1,5階建ての家は、平屋+αの空間があるので、十分な収納力を備えられます。加えて、庭の自然と融合した暮らしができることも、平屋の魅力です。ウッドデッキやリビング土間を造ることで、より庭とリビングが繋がります。

1,5階建ての家ロフトハウスの魅力

平屋にはたくさんの良さがありますが、敷地周辺の環境によっては、いくつかの問題を避けられないケースもあります。

日当たり

敷地周辺に住宅が密集していなければ、そのような心配はありません。しかし、敷地周辺に2階建ての家が建ち並んでいる、隣家との距離が近いというような場合、十分な陽射しを採り入れられない家になってしまう可能性があります。

1,5階建ての家ロフトハウスは、吹き抜けによって家の中の空間が縦に繋がっている間取りです。その為、ロフトの窓からの陽射しが、家中に降り注ぎます。日中は、照明をつけなくても、家事や読書など、日常的な作業を滞りなく進められます。また、冬には、陽射しが家の中に暖かさを届けてくれます。

風通し

風は、同じ対面の窓でも、同じ高さにある窓から窓へ吹き抜けるより、低い窓から高い窓へ吹き抜ける方が、風の通り道が拡がり、たくさんの風を採り込めます。風通しの良さは、快適なだけではなく、家の中の空気を入れ替えるので、家族がきれいな空気の中で生活できます。換気の悪い家では、家族の健康が守られにくくなるだけではなく、住宅の劣化も早まってしまいます。

プラスα空間

こう配屋根を活かした小屋裏空間は、家族の暮らし方に合わせて、様々な使い方ができます。平屋では面積に制限があり、書斎や子供部屋が作れないこともありますが、ロフトハウスなら、プラスα空間を活かして、夢を実現できます。

子育て中には、プラスあるだの空間を子供中心に使うという考え方もあれば、シアタールームや、趣味の作業をするスペースにして、子育てしながらも、生活を楽しむという考え方もあります。この+α空間の使い方で、平屋の暮らしやすさの可能性が拡がります。

2階建てのとの違いは、生活の基盤が1階で完結する為、平屋と同じような暮らしができるということです。子供が独立した後、2階の部屋を持て余すこともありません。

FREEQ HOMESの1,5階建てのロフトハウスLOAFER

ロフトハウスLOAFER 外観

FREEQ HOMESは、平屋の良さを活かした規格住宅です。平屋、ロフトハウス、平屋×2という3種類の平屋ベースの家があります。この中で、1,5階建てのロフトハウスは、平屋+αのロフトハウスLOAFERです。

LOAFERは、無駄を削ぎ落としたスタイリッシュなデザインのロフトハウスです。平屋には憧れるけれど、部屋数が心配…。LOAFERはそんな家族にちょうどいい間取り。収納や書斎、シアタールームなど、無限大の活用ができる小屋裏が魅力です。

土間リビング

土間リビング

近年、土間リビングの人気が高まっています。土間は、靴のまま入れるリビングとして使うことも、ダウンフロアのリビングとしても使えます。家族の暮らし方に合わせた使い方で、便利なスペースにもなり、暮らしを楽しむ場所にもなります。

LOAFERの土間リビングは、ウッドデッキへと繋がり、ウッドデッキから庭に出られます。吹き抜けからの陽射しが溢れ、心地よい風が通り抜けていくLOAFERの土間リビングは、ウッドデッキに繋がり、庭と身近な暮らしができます。薪ストーブを設置するスペースもあり、冬は薪ストーブ一台で家中を暖めることができます。

自然エネルギーと暮らす家

LOAFERの屋根は、効率の良い太陽光発電ができるように設計されています。太陽光発電で得られる電力の量は、屋根の傾斜角度、屋根の向いている方角、太陽光パネルの搭載量によって変わります。LOAFERの屋根は、最大12kWのソーラーパネルを搭載ができる片流れ屋根です。太陽光パネルは導入時に費用がかかりますが、長い目で見ると、光熱費が節約できます。

パッシブデザインと省エネ

LOAFERは、太陽の熱と明るさ、自然の風を活かすパッシブデザインを採り入れた家です。パッシブデザインのもう一つのポイントは日射遮蔽です。夏の太陽の直射熱を深い軒で遮蔽し、室内の温度常用を抑えます。ロフト部分の温度が上昇しないよう、屋根や天井の遮熱にも十分配慮されています。その結果、高い断熱・気密性と自然の恵みを活かす手法で、効率よくエネルギー消費が抑えられる省エネ住宅です。

自然素材が生み出す心地よさ

無垢材フローリングのキッチン

LOAFERの室内には、無垢材が使われています。無垢材には、調湿性、通気性の他に、周辺の気温から受ける表面温度の変化が緩やかであるという性質があります。調湿性と通気性は、室内の湿度を調整し、冬は乾燥しすぎないしっとりした空気を、梅雨から夏にかけては、ジメジメしない爽やかな空気を創り出します。表面温度の変化が緩やかであるという性質は、冬は壁や床がヒヤッとしない、夏は壁や床の温度が高くそばに行くと暑苦しいというようなことがありません。この2つの要素が、体感温度と室温との温度差を小さくするので、冷暖房で最適な温度が調えられた室内で、快適に過ごせます。

また、無垢材は、内部にたくさんの空気を含んでいるので、弾力性があり、体に負担をかける硬さがありません。お客様をたくさんお迎えするような日に、食事の準備で長時間キッチンでの作業が楽にできます。また、小さな子供が家の中で転んでしまっても、弾力性のある床が、ショックを和らげます。

平屋に住みたいけれど、広さが心配…というご家族は、1,5階建ての家、ロフトハウスでの家づくりを検討されませか?

LOAFERは、ロフトとロフトが創り出す開放的な空間を最大限活かした暮らしやすい家です。家事がしやすいLOAFER L-TUNEについてのコラムもご覧ください。家事を楽しめるロフトハウス LOAFER“L-TUNE”

ぜひ構造見学会にもおいでください!

LOAFER 構造見学会

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方