MENU

スキップフロアの家は規格住宅で建てるべき理由

スキップフロアの家

日常生活にも遊び心のある暮らしがしたいと考えるご家族が増えています。家は安らぎの場所、家族の愛情を深める場所であることは、すべての人に共通しています。その要素に加えて、ワクワク感と楽しさのある家、遊び心のある暮らしができる家として、スキップフロアの人気が高くなっています。ただ、スキップフロアの家は、一般的な住宅に比べて、いくつかの難しさがあります。その難しさを乗り越え、外観、内装、動線、室内環境、安全性など、暮らしやすい住宅に必要な要素を全て備えるスキップフロアの家を建てるなら、規格住宅がおすすめです。

スキップフロア構造の家とは?

BinO CAMP

BinO CAMP

スキップフロアは、1階と2階の間に階層を設け、2階建てなのに3階建て以上の面積を生み出す設計の家です。半地下や屋上を含めれば、建築基準法の定めている、高さに対する制限内で、5階層にすることさえできます。

都市部の住宅では、土地の価格が高額なので、広い敷地に、ゆったりした家を建てられるケースはそれほど多くありません。しかし、スキップフロアの家であれば、限られた敷地の中で、一般的な2階建ての家より多くの居住空間を手に入れることができます。傾斜地や段差のある土地を有効利用できる良さもあります。そして、スキップフロアには、居住面積が多く得られるということ以外にも、たくさんの魅力があります。

開放的な空間が生まれる

スキップフロアは間仕切壁ではなく、段差で部屋を分ける為、視線が遮られません。その結果、視界が広がり、開放的な雰囲気が演出されます。

家族の自然なコミュニケーションが生まれる

各居室が完全に孤立していないので、別の場所にいても、家族の気配が感じられる安心感があります。場所を移動することなく、話をしたり、アイコンタクトをとったりできる手軽さもあります。

光と風が家中に溢れる

2階建ての家のように、1階と2階の間を全て分離する床もなく、居室を分ける間仕切壁もないので、上層の窓からの陽射しが下層の部屋まで届き、下層の窓からの風が、各階層の窓へと抜けていきます。

ボーナス空間を楽しめる

階層を増やすことによって、2階建ての家には生まれないボーナス空間が生まれます。趣味の部屋や書斎など、2階建ての家であれば、床面積が足りずあきらめることになりそうな空間を手に入れられます。

収納スペースをたくさん確保できる

階段下などに収納スペースを設けられます。おしゃれに暮らすための条件の一つは、室内がいつもすっきりしていることです。十分な収納力のある家は、室内に見せたくない物は溢れず、見せたい物だけを出しておけます。

移動と階段掃除が楽

2階建ての家では、1階から2階まで一気に階段を上らなくてはならないので、1階と2階の移動が大変です。スキップフロア構造の家の階段は短いので、階段の昇り降りが負担になりません。短い階段は掃除も楽です。

スキップフロアの難しさ

BinO ALLen

BinO ALLen

スキップフロアの家がすべて、スキップフロアの良さを満たせるわけではありません。なぜなら、スキップフロアの家には、高い設計力と建築技術が求められるからです。設計力と建築技術が伴わないスキップフロアの家が完成してしまうと、非常に暮らしにくい家になってしまいます。

日当たりと風通しの良さ、音の響き方、プライバシー性の持たせ方など、すべて設計にかかっています。せっかくのスキップフロアの家なのに、陽射しが下層の部屋まで届かない、音が家中に響いてストレスになる、プライバシーが全く維持できないというような家になってしまえば、スキップフロアの良さは活かされません。

また、専門家や、スキップフロアの家で長く暮らした経験がある人ではない限り、スキップフロアの家の図面を見せられても、具体的な家のイメージをつかめません。施工を依頼した後、図面を見せられても、その家での暮らしを具体的に思い描くことは難しいでしょう。優れた設計力と、高い技術力を伴わないスキップフロアの家には、どのような問題が起こると思いますか?

夏暑く冬寒い家になる

スキップフロアの家は、家の中の空間が繋がっています。空間が拡がるので、冷暖房の効率が低下します。冬はせっかくの暖房の熱が上層に集まってしまい、下層の部屋は寒い、夏は上層の窓からの直射熱が下層の部屋まで届き、暑いというような状況になってしまいます。

しかし、十分な断熱性を持ったスキップフロアの家であれば、この空間のつながりを利用し、最小限の冷暖房で、家中の室温を均一に調えられます。その結果、快適な室内環境が創り出されるだけではなく、省エネも実行されます。

地震に弱い家になる

建築基準法で、最低限の耐震性は定められているとはいえ、スキップフロアは特殊な構造なので、その構造に見合うだけの耐震性を備えていない家になる恐れがあります。

建築費用が高い

スキップフロアの家は、一般的な2階建ての家に比べて、建材の量が多いことと、設計や建築にかかる労力が大きいこと、そしてスキップフロア構造を安全に支える為、耐震性を高めなければならないことという3つの要素によって、建築費用が嵩みます。特に、一般的な2階建て住宅を中心に建てている工務店の場合、スキップフロアに必要な建材の仕入れ値が、高くなってしまうことも考えられます。

スキップフロアの難しさを克服した規格住宅BinO

BinO WAVE

BinO WAVE

BinOは、スキップフロア構造に特化した規格住宅です。規格住宅とは、基本の外観や内装のデザイン、間取り、住宅性能などがすでに用意されている住宅のことです。その規格の中には、いくつものパターンがあります。家族の好みに合わせて、外観デザインやカラー、内装の建材を選び、家族構成や暮らし方に合わせて、間取りを選びます。特にスキップフロア構造の場合、規格住宅は、一から始める注文住宅に比べて、はるか効率の良い家づくりです。スキップフロア構造の家を建てるなら、規格住宅の方が有利である理由を、具体的に確認していきましょう。

モデルハウスでスキップフロアを体感できる

スキップフロアは、一般的な2階建てや、平屋とは全く違います。その違いは、図面や画像では十分に感じ取ることができません。規格住宅なら、モデルハウスが用意されているので、そこでスキップフロア構造の家を体感できます。

暮らしやすい室内環境が調う

BinOには、標準仕様で、長期優良住宅認定基準の最高水準の断熱性能を備えています。最小限の冷暖房で、家中を均一に、最適な温度に調えられます。加えて、リビングには、薪ストーブを設置するスペースがあります。薪ストーブを設置すると、冬は薪ストーブ1台で、家中を暖かくできます。

地震に強い

BinOは、スキップフロア構造に精通した設計士が、構造計算を基に設計し、その設計に基づいて、豊富な経験と技術力を持った職人が、建築に携わります。その結果、長期優良住宅認定基準の最高水準の耐震性能を備えた家が完成するので、大地震が来ても安全です。薪ストーブがあるので、地震で電気が停まってしまった時には、暖をとることもできます。

建築費が明確

規格住宅は家づくりのスタート時から、建築費が明確に提示されています。注文住宅でスキップフロアの家を建てる場合、家づくり中に、建築費が嵩んでいく恐れがありますが、その心配がありません。また、構造計算や設計、建材などが供用されるので、その分、スキップフロアにすることで嵩んでしまうコストを抑えられます。いわゆるローコスト住宅ほどの低価格ではありませんが、有名ハウスメーカーや、注文住宅で建てるスキップフロア構造の家より、家づくり費用を抑えられます。

 

スキップフロアの家の良さは、体感してみないとわかりません。スキップフロアの家を体感すれば、遊び心のある日常を手に入れたい家族は、スキップフロアの家の魅力を十二分に感じとれるはずです。ぜひモデルハウスに遊びにいらしてください。必ずワクワクするような体験ができます。

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE