MENU

スキップフロアの家はスキップフロアが得意な工務店で建てよう!

BinO WAVE

2階建ての高さなのに、何層にも分かれている上に、家中の空間が繋がっているスキップフロアに家は、楽しむことに敏感な人たちに人気があります。ただし、スキップフロアの家は、建て方によっては、楽しいどころか、日常生活にストレスを感じる家、不便が多い家、夏暑く冬寒い家、さらに、耐震性が低い家、建築費が嵩む家になってしまうこともあります。

暮らしやすく、日常を楽しめるスキップフロア家を実現させるためには、どうすればよいと思いますか?その答えは、スキップフロアの家はスキップフロアが得意な工務店で建てるということです。では、どのような工務店がスキップフロア建築を得意とする工務店なのでしょうか?

工務店の種類

工務店の業務には、注文住宅や分譲住宅、規格住宅、FC住宅の建築、リフォームやリノベーションの請負などがあります。そして工務店の中には、そのそれぞれに特化している工務店と、いくつかの業務を並行して行っている工務店があります。注文住宅だけを建築している工務店もあれば、注文住宅も建てるが、リフォームも請け負うというような工務店もあるということです。

注文住宅は、ゼロから作り始める住宅です。家族の暮らし方、家族構成、好みや価値観、予算に合わせて、自由な家づくりを進めていきます。分譲住宅は、既に完成している土地付きの住宅です。デザインや間取りの自由度はありませんが、土地探しの手間がなく、住宅ローンの手続きがシンプルになるという良さがあります。

規格住宅は、決まっている基本のデザインや間取りの中から、好みの色や建材、家族の暮らしにあった間取りを選んで家づくりを進めていきます。規格住宅を扱っているのは工務店以外に、ハウスメーカーもあります。そして規格住宅を扱っている工務店の中には、その工務店が独自に開発した規格住宅を建築しているケースと、フランチャイズに加盟して建築する住宅を建築している工務店があります。住宅のフランチャイズとは聞きなれない言葉かもしれませんが、実はこの中に、スキップフロアを得意とする住宅フランチャイズがあるのです。

フランチャイズ住宅の特徴

住宅のフランチャイズとは、基となる企業の本部が企画開発をした住宅を、工務店が建築するというシステムです。そしてフランチャイズの基となる企業によって、和風な住宅、北欧テイストの住宅、シンプルモダンな住宅、自然素材にこだわった住宅など、建築される住宅の特徴は実に様々です。

似通ったシステムに、ハウスメーカーの住宅があります。どちらも、住宅を購入する側にとっては、規格住宅を建築することだからです。しかし、フランチャイズの住宅には、ハウスメーカーより費用を抑えられるという良さがあります。

ハウスメーカーとFC住宅、注文住宅を建築する際の費用の違い

ハウスメーカーの住宅を実際に建築する工務店は、施工を依頼する側とは直接契約をしません。その為、ハウスメーカーと施工を請け負う工務店の間には、複数の下請け会社が存在し、中間マージンが発生します。その結果、ハウスメーカーの住宅の建築費は割高になっていきます。

フランチャイズの住宅と注文住宅を比較した場合においても、建材の仕入れ値を個人の工務店の仕入れ値と、フランチャイズ本部が一括で仕入れる仕入れ値では、価格が変わります。その為、工務店で建築する注文住宅より、価格が抑えられる可能性があります。加えて、家づくりのスタート地点から、住宅の価格が明確であることも、フランチャイズ住宅の良さです。

ハウスメーカーの住宅・FC住宅・注文住宅の違い

規格住宅を建築するハウスメーカーやFC本部には、個人の工務店で建築する注文住宅では追いつけないほどの企画開発の力量があり、常に最新の技術を採り入れた開発が進められている強みがあります。加えて、第三者機関による住宅性能に関する評価がされ続けるので、確実な住宅性能を備えています。

スキップフロア構造の家は、一般的な住宅に比べて、設計や施工が難しいという面があります。空間が繋がっている分、視線も音も空気も拡がっていくので、プライバシーの確保、室温と音の管理、風通しや日当たりの調え方などに、設計の工夫が求められるからです。スキップフロアの家の設計、施工に慣れていない工務店が建築すると、中途半端な家になる可能性もないとは言えません。しかし、スキップフロアを得意とするFC住宅であれば安心して建築を依頼できます。

さらに、FC住宅には、中間に下請け会社が入らないので、地元の工務店で規格住宅を建てられるという良さがあります。ハウスメーカーの場合、企業の担当者が、家づくりの計画作成から完成までの対応をします。FC住宅の場合、加盟している工務店が対応します。つまり、建築現場に直接かかわる人たちと共に、家づくりを進めていけるということです。

ハウスメーカーが、年間に建築する新築住宅の数は膨大ですが、FC住宅を建築する工務店が、年間に建築する新築住宅の数は、それほど多くありません。その為、家づくりの計画から完成まで、一人一人の顧客に対して、時間をかけて丁寧に対応します。工務店では、自社が手掛けた住宅の顧客のことを、一人一人のスタッフが把握しているので、住宅完成後のサポートも充実しています。

このように、FC住宅には、注文住宅やハウスメーカーより費用が抑えられる可能性があり、注文住宅と同じように手厚い対応が約束される良さがあります。その一方、注文住宅ほどの、デザインや間取りの自由度がありません。そこで重要なことは、自分たち家族の好みや価値観に合うFC住宅を見つけ出すことです。

FC住宅は、ハウスメーカーの住宅より知名度が低いので、誰でも名前を知っているという訳にはいきません。反対に考えると、知名度を上げる為に莫大な広告宣伝費を使っていないことが、ハウスメーカーより費用が抑えられていることの一因でもあるのですが、消費者にとっては、出会いのチャンスが少ないことにも繋がっています。

特にスキップフロアの家に魅かれているご家族には、BinOでの家づくりをお勧めします。「スキップフロアの家を建てたいのに、施工できそうな工務店がない…」そんな風に思われていませんか?埼玉県のBinOを建てられる工務店は6店あります。その中で幸手市近辺での家づくりを計画中のご家族は、テクノホームで公開しているモデルハウスの見学にいらっしゃいませんか?

Bino Waveモデルハウス公開中

BinOの特徴

スキップフロア構造にBinOには、一般的な二階建て住宅にはない楽しさ、ワクワク感があります。アウトドアが大好きで、常に明るく陽気に暮らしたいご家族には、ぴったりな家です。

BinO CAMP 平屋×スキップフロア

平屋のように暮らせる、3層構造のスキップフロアです。

家全体がゆるやかなつながりが、家族の自然なコミュニケーションを生み出します。

家族それぞれが自分の時間を持てるプライベート空間も確保されています。

様々な用途に対応できるフリースペースや、外遊びに欠かせないアウトサイドストッカー、収納に重宝する大容量のインサイドストッカーなど、暮らしを楽しむために欲しかったスペースがすべて揃っています。

BinO ALLen オーガニックライフを愉しむ暮らし

郊外の豊かな自然と穏やかな空気に包まれて暮らせる住まいです。

落ち着きのあるベーシックなデザインのファサードです。

ウッドバルコニーに繋がるLDKは、窓を開け放つとアウトドアリビングを楽しめます

基本生活に必要なスペース以外に、趣味や好きなことに使えるインサイドストッカーとアウトサイドストッカーがあらかじめ用意されています。

BinO WAVEスタイリッシュなスマートハウス

太陽光パネルを大量に搭載できる屋根です。

家族が集いやすく、陽射しと風が溢れるリビングルームです。

スキップフロアの家の良さは、体感してみないとわかりません。スキップフロアの家を体感すれば、遊び心のある日常を手に入れたい家族は、スキップフロアの家の魅力を十二分に感じとれるはずです。ぜひモデルハウスに遊びにいらしてください。必ずワクワクするような体験ができます。

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE