MENU

規格住宅と注文住宅 それぞれの良さと問題点 

規格住宅Bino

家づくりを始めるにあたって、どのように取り組み始めたらよいのか、迷われるご家族も多いと思います。家づくりは、取り組み方によって結果が変わってくるからです。外観や内装、間取り、住宅性能などへの家族の夢を実現する家づくりへの入り口で考えておきたいことは、どの方法で家づくりをするかということです。

家づくりの方法は、大きく分けて2つあります。ひとつは完成した住宅を購入する方法、もう一つは、自分たち家族に合わせた家を建てる方法です。

完成した住宅を購入する方法は、土地とセットになっているので、最も手間がかからない家づくりです。もし、自分たちが住みたいと希望している地域に、自分たち家族の暮らし方にあった間取りや内装、外観を備えた家を見つけられたら、最速で入居できる方法とも言えます。

もう一つの自分たち家族に合わせた家を建てる方法には、規格住宅と注文住宅という2つの方法があります。注文住宅という言葉を知らない人はいないと思いますが、規格住宅という言葉には、聞き馴染みがないという人もいるのではないでしょうか?

自分達家族に合った家づくりの方法を選択する為に、規格住宅と注文住宅という2つの方法の特徴を確認していきましょう。

規格住宅の特徴

Bino WAVE 外観

外観や内装のデザイン、間取り、住宅性能など、戸建て住宅に必要なベースがあらかじめ調えられている住宅が規格住宅です。屋根や外壁の色、内装に使う建材の色や質感、間取りには、複数のパターンがあり、家族の好みに合わせて色や質感を、家族構成や家族の暮らし方に合わせて間取りを選べます。高い住宅性能を備えた規格住宅であれば、長期優良住宅にもできます。

外観・内装のイメージがわかりやすく、実現しやすい

注文住宅の場合、自由度が高すぎて選び方がわからず、悩んでしまうというようなご家族もいらっしゃいます。また、注文住宅の場合、屋根や外壁の色は、カラーサンプルを見た時の印象と、完成した住宅の屋根や外壁の色の印象は異なることがあります。規格住宅の場合には、すでに用意されているパターンの中から、建材の種類、色や質感を選べます。加えて、完成イメージも提供されるので、完成した時の屋根や壁の色も明確に知ることができます。

また、規格住宅の中には、内装や庭づくりに関しても、家具や小物のパッケージが用意されている場合があります。モデルハウスの内部のように、インテリアも充実させたいけれど、どうしたらよいのかわからない…という不安があっても、手軽にモデルハウスのイメージを再現できます。

家族構成や家族の暮らし方に合わせて間取りを選べる

暮らしやすい間取りは、家族構成や家族の暮らし方によって変わります。家族の日々の暮らし、子供の成長に応じた暮らしの変化に配慮しながら、最適な間取りプランを作成するためには、相当な時間がかかります。規格住宅の場合、数パターン用意された間取りの中から、家族構成にあった間取りを選べるので、長時間間取りプラン作成に時間をかける必要がありません。

プロの目線で設計した間取りなので、家族構成に合う居室の数を備えた間取りを選ぶだけで、暮らしやすい家が実現します。プロの目線で設計した間取りとは、スムーズな生活動線、日当たりと風通しの良さを備えた間取りです。その結果、注文住宅より、家づくりにかかる期間を短縮できます。

予算計画が立てやすい

規格住宅には、高級で高額なタイプから、注文住宅の相場と変わらない価格で建てられるタイプ、価格を抑えたタイプなど、様々な価格帯があります。どのタイプであっても、間取りやオプションの違いによって変わる、家づくりにかかる総費用を、明確に知ることができます。その為、予算が立てやすく、家づくりが始まってから、予算オーバーしてしまう不安がありません。

注文住宅の特徴

外観、内装のデザイン、間取り、住宅性能をすべて自由に造り上げる住宅が注文住宅です。家族構成と家族の暮らし方、家族の好みに合わせた自由な家づくりができます。家に対するこだわりがあり、外観、内装のデザイン、間取り、住宅性能への知識が深いご家族にとっては、最良な家づくりだとも言えます。

ただ、すべて自由であるということは同時に、難しさも備えています。家づくりには予算の制限があるからです。予算に制限がなければ、すべての夢を完璧に満たした家づくりができるでしょう。しかし、現実には、予算の制限の中で、家づくりを進めていかなくてはなりません。外観や内装にこだわり過ぎれば、住宅性能にかけられる予算が減ってしまうかもしれません。必要以上に住宅性能を高めれば、内装にかける予算が足りなくなってしまうかもしれません。

注文住宅の難しさは、家づくりに必要な要素にかける予算の配分の仕方です。外観、内装、間取り、住宅性能はどれも欠かすことのできない要素です。その要素にバランスよく予算を配分しなくてはならないので、注文住宅の家づくりプランには時間がかかるのです。

予算内ですべての要素を満たすプランが出来上がれば、暮らしやすい家の実現への第一歩が踏み出せます。理想のプランが完成するよう、とことん付き合ってくれる工務店との出会いがなければ、家族が満足できる注文住宅は実現できません。

注文住宅を超える規格住宅 BinO

Bino リビング

地震の多い日本の家には、地震に強い強靭な構造体が求められます。BinOは、厳しい管理と、一貫した生産体制の下で、強靭な構造体を構成する部材を、規格製品化しています。これらの部材は、強固な構造を生み出し、地震に強い家を支えるとともに、シンプルで美しいデザイン性も造り出します。

規格化することによって、同じ程度の品質の高さを備える注文住宅と比較すると、建築費を抑えることに繋がります。BinOは、ローコスト住宅ではありません。同じだけの住宅性能を持つ住宅、という観点から比較した場合には、注文住宅より建築費が抑えられるという意味です。

スキップフロアでテレワークがしやすいBinO

去年から今年にかけて、テレワークをする人が増えました。加えて、大学はリモート授業、小中学校では、コロナの感染者が出た学校が、休校になったりするなどの事態も発生しています。その結果、家族が家で過ごす時間が、圧倒的に増えました。コロナが終息した後にも、テレワークを続ける方針の企業があり、家庭での過ごし方が変化しつつあります。

そんな状況を見据えた時の家づくりには、今までとは違った観点が必要なのではないでしょうか?

近年、リビング中心の間取りが増え続けていました。家にいる時間のほとんどは、リビングでそれぞれ好きなことをして過ごす、というライフスタイルの家族が増えたからです。ところが今、テレワークが増えたことによって、リビングは家族が寛ぐ場所、それぞれ好きなことをする場所ではなくなっているという現実があります。

リモート会議があると、子供たちはリビングから出されてしまうという場面もあれば、子供たちが煩く、仕事に集中できずイライラするという場面もあるでしょう。しかし、新築に家に書斎を設けるとなると、床面積が圧迫されて、リビングが狭くなってしまう恐れがあります。

ここで注目したい間取りがスキップフロアです。スキップフロアとは、段差で部屋と部屋を緩く区切る間取りです。スキップフロア構造は、限りある空間を最大限に有効活用できるので、同じサイズの2階建てに比べて、ボーナス空間が生まれます。そのボーナス空間をワーキングスペースとして使うことにすれば、テレワークで家族に不自由な思いをさせたり、テレワークをする人がイライラしたりすることがなくなります。

加えてその時々の家族の暮らしの変化に応じて、間仕切壁を設けたり外したりすることもできます。これからの家づくりは、家族の自然な触れ合いを妨げずに、緩く区切られた空間がある家、暮らしの変化に手軽に応じられる可変性の高い家なのではないでしょうか?

Bin0は、無垢材の良さとスキップフロアの良さが調和して創り出す暮らしやすい家です。スキップフロア構造の家に住んでみたいけれど、スキッププフロアの家を建てられる工務店を、探すのは難しそうだと感じていませんか?ぜひ、Bin0での家づくりを考えてみてください。

モデルハウス岩槻WAVE36

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウス分譲について

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウスは、テクノホームが自信をもってお勧めする高品質な住宅T‐CUBEです。自然素材をふんだんに使ったリゾートライクな居心地の良い家です。ぜひ見学においでください。

Hamilton City加須市琴寄 モデルハウス分譲 T-CUBE

Hamilton City加須市琴寄周辺は、利便性の高さと自然が調和し、のびのびと生活ができる大型分譲地です。

Hamilton City加須市琴寄 周辺環境

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE