MENU

注文住宅を子育て安心住宅にするポイント

子育て,家づくり,土地探し,郊外型住宅,分譲地

子育てに備えて家を建てることを計画しているご家族にとって、新築の家は、子供が伸び伸びと成長できる家にしたいという想いがあるのではないでしょうか?子供を安心して育てられる家にするためには、必要なことについて考えていきましょう。

子育てしやすい土地を選ぶポイント

理想の子育て環境には、住宅そのものに関する希望と、周辺の環境に関する希望があります。国土交通省がまとめた「子育て世帯の住まいのニーズ」というデータによると、子育てにおいて重要と思う要素の中で、最も多くの子育て世代が望んでいる要素は、住宅及び、住宅の周りの防犯性です。

この要素は住宅に関する希望ですが、周辺の環境という観点から捉えると、安全に暮らせる地域であることが、重要であると考えている子育て世代が多いということではないでしょうか?その上で、周辺の環境に関する希望を見てみると、子供が通う場所への利便性、子供の安全、周面の住民とのコミュニケーションの円滑さが上がっています。

子供が通う場所への利便性

通園、通学のしやすさ、託児所、保育園、子育て支援サービスの充実に加えて、子供の病気に備えて、小児科のある病院が近くにある環境

具体的には、共働きの家族が仕事の前後に、子供の送り迎えがしやすい場所に、託児所や保育園があること、徒歩で子供が通える範囲内に、幼稚園や園バスの停留所、小中学校があること、親子が通いやすい場所に、子育て支援サービスをしている公的な場所があることなどがあげられます。子供の歯列矯正や、定期健診を考えると歯科医、2人目の子供の出産を控えているなら産婦人科、子供が意外によくお世話なる皮膚科などが近くにあるとより安心です。

子供の安全が守られる環境

交通量が少なく、子供が安全に歩ける道路、子供が安心して遊べる遊び場、公園などの充実した環境

具体的には、大型トラックなどが走行する道路が近くにないこと、周辺の走路は、交通量が少なく、歩行者が安全に歩ける幅が確保されていること、見通しの良い公園や、神社の境内など子供が安全に遊べる場所が多いこと、繁華街が近くにないことなどがあげられます。

緑が多い公園は、大人にとっては癒しを感じますが、子供を遊ばせる場合には、樹木の多さが、見通しの悪さの繋がる場合もあります。緑の多い環境では、見晴らしの良さも、安全性を確かめる上でのポイントです。

周面の住民とのコミュニケーションの円滑さ

周辺に住む人たちや、地域のコミュニティとのかかわり、親や親せきの住宅との距離など、子育ての相談をしやすい環境

古い住宅街では、周辺の住民が高齢化していて、ママ友ができない、住人の輪に溶け込めないというような問題が起こることがあります。古くからの住民と、新しく住み始めた住民が、共存しているような地域であれば、公園や、地域のコミュニティで、同じく子育て中のお母さんと知り合って、情報を交換し合ったりできます。

子育ては、とても大変なことなので、親や親せきが、近くにいれば理想的です。でも誰もがそのように恵まれているわけではありません。子育てに行き詰まった時には、支援してくれる公共の施設が近くにあることも大切です。

また、主婦の家事負担を減らす為、食料品など日常生活に必要な品々が、徒歩や自転車で、手軽に購入できるスーパーが近隣にあることも必要です。

子育てしやすい家にするポイント

理想の子育て環境のうち、住宅そのものに関する希望の中で、最も多くの子育て世代が望んでいる要素は、先にあげた住宅及び、住宅の周りの防犯性です。その他には、住宅の広さと間取りという、居住スペースに関する要素と、安全性や遮音性など住宅の居住性能に関する要素がありました。それらの要素を踏まえた上で、子育てしやすい家にするポイントを考えていきましょう。

住宅及び、住宅の周りの防犯性

侵入防止対策がされた玄関ドアと窓にする、通話機能があるカメラ付きインターホンを設置する、バルコニーに面格子などで侵入防止対策をするなどが求められます。

子育てに必要な住宅の広さ

子育てに備えて、家を建てるとは言っても、どのくらいの広さに家にしたらよいのか見当がつかない方もいらっしゃると思います。快適に暮らせる家の広さは、家族構成によって変わってきます。参考までに、国土交通省の参考資料である住生活基本計画を見てみましょう。

住生活基本計画には、家族構成に合わせた居住面積水準が示されています。居住面積水準には、郊外の戸建て住宅の水準を想定した一般型誘導居住面積水準と、それより狭いマンションなどの共同住宅を想定した都市居住型誘導居住面積水準があります。ここでは、一般型誘導居住面積水準を見てみましょう。

誘導居住面積水準とは、「世帯人数に応じて、豊かな住生活の実現の前提として、多様なライフスタイルを想定した場合に必要と考えられる住宅の面積に関する水準」を現わしたものです。

単身者55㎡・夫婦 75㎡・夫婦と子供一人100㎡(3~5歳児がいる場合には87,5㎡)・夫婦と子供2人125㎡((3~5歳児がいる場合には112,5㎡)となっています。

賃貸住宅の場合には、子供の分を考えて、大人4人で暮らすよりも、狭い家で良いと思いますが、家を建てる場合は違います。

家は長く住む場所であり、子供が小さいのは、初めの数年間だけです。したがって、新築住宅を計画する際には、家族の人数を全て大人として、床面積を算出するべきでしょう。

子供の成長に対応する間取り

子育てをしている期間中は、子供の成長に応じて、暮らしやすい間取りが変わり続けます。子供が両親とともに寝ている期間には、子供部屋は必要ありませんが、中学生になる頃には、子供部屋を欲しがるようになります。子供が一人のうちは、子供部屋は一つで足りますが、下の子が誕生すれば、いずれ2部屋必要になるでしょう。

子供部屋が必要ない時期には、リビングとして広く使い、子供部屋が必要になったら、間仕切壁や家具で子供部屋を作る、いずれ2部屋に別けられるよう、出入り口の数と、窓の配置を考えた部屋を作るなどの間取りの工夫が、子供の年齢に応じて、手軽に暮らしやすさを維持できる家にします。

主婦の家事負担を減らす間取り

子育て,家づくり,土地探し,郊外型住宅,分譲地

子育て中には、子供の世話をしながら、料理、掃除、洗濯などの家事をこなさなくてはなりません。そのような状況の中、家事負担を少しでも減らせる間取りにすることが、主婦のストレスを軽減します。特に洗濯物に関わる家事は負担が大きいので、洗濯室を設ける、2階ベランダに干す場合には、洗濯機を置く洗面所や脱衣所に、収納や、アイロンがけなど、洗濯物の仕上げのスペースを設ける、などの配慮が求められます。汚れにくい建材を使い、掃除のしやすさが考えられた構造の家、物が溢れないように、適切な位置に設ける適切なサイズの収納も必要です。

子供を見守れる間取り

LDKを直線上に並べ、対面キッチンにすると、食事の支度をしながらでも、子供の見守りができます。また、子供が一人で出かけられるような年齢になった時には、玄関から子供部屋に直通で行ける間取りではなく、家族と顔を合わせないと、子ども部屋に行けない間取りにしておくと、子供の行動を見守れます。

子供を家の中の事故から守る間取り

小学校低学年までの子供の事故は、家の中で最も多く発生しているというデータがあります。家の中での子供の事故には、転倒、転落、衝突、やけど、指挟み、感電などがあげられます。転倒を防ぐためには、滑りにくい床材を使う、転落を防ぐためには、バルコニーや窓など転落の恐れのある場所に柵をつける、階段にはチャイルドフェンスを設ける、衝突を防ぐためには、造作家具の角に、ベビーガードなどの安全対策をする、やけどを防ぐためには、キッチンにチャイルドフェンスを設ける、指挟みを防止するためには、ドアや窓に指爪・指挟みに配慮された製品を採り入れる、感電を防ぐためには、コンセントカバーをつけるなどの配慮が必要です。

安全な子育ての基になるのは、家族の住む家です。これから家づくり計画を進めているご家族は、ぜひ子供を守る家という観点からも、家づくりを考えてください。

テクノホームは土地探しのお手伝いもします!

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,工務店

初めて家を建てようと考えている方のほとんどは、土地の購入に慣れてはいないはずです。土地を探しながら、家づくりを進めるのは、とても難しいことです。敷地の周囲の環境は、何度も足を運べばわかりますが、地盤の質などは、わかりません。

土地は、駅からの距離や、周辺の環境以外に、地盤の質、敷地の形状、道路との位置関係によって、土地の価格が変わります。加えて、適切な家の建て方も異なります。自分たちの理想の家を建てられる土地を見つけ出すのは、大変な労力です。

テクノホームは、土地探しから家づくりのお手伝いをいたします。そして、土地の形状、道路との位置関係を考え併せた上で、家の建て方をご提案します。

分譲地のご案内

どちらの分譲地も、子育てには最適な環境が整った地域にあります。ゆったりした敷地で、安心して子育てのできる家が建てられます。

テクノホームの作品集

幸手市| MODEL(The S……

幸手市|B様邸

加須市|A様邸

幸手市U様邸

MORE 

 

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE 

お問い合わせ

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

テクノホームは、埼玉県幸手市にありますが、埼玉県だけではなく、茨城県の古河市・坂東市・五霞町・境町、千葉県の野田市からのご依頼もお受けいたします。

テクノホームの施工エリア
埼玉県 幸手市・加須市・久喜市・白岡市・宮代町・杉戸町・蓮田市・羽生市・鴻巣市・桶川市・北本市・さいたま市全域・春日部市・越谷市・松伏町・吉川市・三郷市
茨城県 古河市・坂東市・五霞町・境町
千葉県 野田市

 

埼玉県、茨城県、千葉県で家づくりをご検討中の方は、ぜひご相談ください。

お問い合わせ