MENU

テレワークに備えた間取りの家づくり

テレワーク用のワークスペース

コロナが発生した時点では、こんなに長引くと予想した人も、テレワークが定着するだろうと予想した人も少なかったのではないでしょうか?

しかし現実には、緊急事態宣言が複数回発令され、家で過ごす時間が増えている人がほとんどです。コロナ以前から、東京脱出を試みる企業がありましたが、現在では、それ以外にも、テレワークに移行する会社が増えてきています。

テレワークは、通勤時間が有効に使えるという良さがある一方、間取りによっては、仕事に集中できる場所がないという悩みにも繋がります。これからの家づくりは、テレワークに備えた間取りを考えるべきなのではないでしょうか?

家とは家族の愛情を育む憩いの場所

本来、家とは、休息の場所です。危険がなく、家族だけで過ごすどこよりも安全な場所、寛げる場所です。ところが、子育てのしやすさや、家族の団欒ばかりを考えた間取りの家を建てた家族の中には、テレワークによって暮らしにくさを感じている状況に陥っているケースが増えています。

例えば、人気のあるリビング中心の間取りでは、できるだけリビングを広くとるために、書斎や客間を造らないことが多くあります。家にいる時間のほとんどをリビングで過ごし、それぞれが、本を読んだり、ゲームをしたり好きなことをして過ごすという暮らし方の家族が多いからです。

このような間取りの家で、テレワークをすることになった時、どこで仕事をすればよいのでしょうか?リビングで仕事をするとなると、家族にとっては、リモート会議がある時は、リビングに入れない、テレワークをする本人にとっては、子供たちの遊ぶ声で仕事の集中できないというような状況になってしまうかもしれません。そうなってしまうと、家族の愛情を育むはずの家が、ストレスの発生する家になってしまいます。

これからの時代の家づくりには、家族の愛情を育む家という要素と、仕事に集中できる場所のある家という要素が併せて求められるのではないでしょうか?家族の愛情を育む広いリビングを確保しつつ、ワークスペースを並行して備えるための間取りについて考えていきましょう。

ワークスペースのタイプ

敷地の面積によって、住宅全体の床面積の上限が変わってきます。その中で、ワークスペースに割り振れる床面積によって、ワークスペースのタイプが変わります。

個室のワークスペース

個室タイプのワークスペース 書斎 DEN

BinO R

以前は多くの家に備えられていた書斎と言えるスペースです。1帖あれば、パソコンデスクと椅子が置けます。壁面収納を工夫すると、仕事に必要な資料も収められます。2,5~4帖あると、閉塞感が抑えられ、収納スペースも増やせます。

共働きで、どちらもテレワークをする場合には、個室を共用ワークスペースにするという選択肢もあります。ただ、お互いの仕事内容や性格、考え方によっては、使いにくいワークスペースになってしまう恐れもあります。お互いの働き方をよく理解した上で、狭くてもそれぞれのワークスペースにするのか、ゆとりのある共有のワークスペースにするのかを決めることが大切です。

ロフト・スキップフロア・階段下を利用するワークスペース

ロフトを活用したワークスペース

FREEQ HOMES LOAFER

個室に割く床面積がないと考えた場合には、ロフトやスキップフロア、階段下、階段の踊り場をワークスペースにする間取りも考えられます。どのスペースも、音を完全に遮断することはできませんが、程よい個室感は得られます。

注文住宅の場合、階段の形状も自由に造れます。例えば、窓のある幅広な踊り場を造る、階段下を活用しやすい階段の幅にするなどの方法で、階段をワークスペースとして、活用するという考え方もできます。

夫婦それぞれのワークスペースが必要である場合、一つは個室、一つは、遮音性が完璧ではないこのような場所にしておくという考え方もあります。リモート会議がある時は個室を使う、子供の見守りが必要な時間帯には、気配を感じやすいロフトや階段下で仕事をするといった暮らし方ができます。

リビングに造るワークスペース

リビングの一角にパーテーションを設け、ワークスペースにする方法です。子供たちがすでに成長していて、日中は学校に行っているというようなご家庭であれば、リビングにワークスペースを造る方法も有効です。

ワークスペースに必要な環境

床面積を確保できたら、次は働きやすい環境について考えていきましょう。家全体に無線LANを構築しておくと、ワークスペースを複数作る場合にも便利です。

コンセントのタイプと数と位置

仕事に必要なパソコンの数、プリンター、スマホやタブレットの充電器などに対して、十分なコンセントの数が必要です。狭いワークスペースで、パソコン回りにコードがゴチャゴチャしていると、仕事の効率が低下してしまいます。USBと組み合わされているコンセントなどもあるので、必要な数と、コンセントのタイプを十分に考えて、コードがゴチャゴチャにならないような位置を具体的に考える必要があります。

ワークスペースの窓の向き

リビングには、南向きの明るい窓が向いていますが、ワークスペースには、北向きの窓が向いています。北向きの窓からは直射日光が入らず、1日中、穏やかな光が入ってくるからです。カーテンを閉めなくても、PCのモニターに太陽光が反射する煩わしさがありません。窓からの景観が美しく見えるという魅力もあります。仕事で疲れた時に、庭の緑が眺められるのも、テレワークの良さです。冬は寒いのでは…?と思われるかもしれませんが、断熱性の高い家では、北向きの部屋が冷える心配はありません。

ゆったりした個室のワークスペースが欲しい人の為の解決策

ゆったりした敷地に建つ注文住宅

T-STYLE|加須市|A様邸

土地の価格は、地域によって大きく変わります。東京都内や、都内へのアクセスが良い沿線の駅周辺は、土地の価格が高額です。毎日の通勤を考え、土地が狭くても、勤務先への利便性を優先して高額な狭小地を選ぶご家族も少なくありません。

このような場合、床面積の制限が大きくなるので、広いリビングと、ワークスペースを並行して備える間取りには、相当な工夫が必要です。加えて、その工夫を活かした設計の安全性を確保する為、建築費も跳ね上がってしまいます。一方、土地の価格を抑えられれば、一般的な坪数の土地を購入できます。その坪数があれば、テレワークをしやすいワークスペースを備えた家を建てる可能性が高くなってきます。

ゆったりした個室のワークスペースが欲しいという希望と、仕事先への利便性を秤にかけた時、テレワークが増えているのであれば、広い敷地が購入できそうな地域を探すという方法も選択肢に入れるべきではないでしょうか?家族の愛情を育むリビングと、仕事に集中できる書斎を備えた家を、どちらも実現させる可能性が高くなってきます。

T-styleは自由設計の注文住宅です。仕事に集中できる書斎のある家を注文住宅で実現しませんか?

家族の気配が感じられ、楽しさのあるワークスペースが欲しい人の為の解決策

スキップフロアを活用するワークスペース

BinO B-CRAFT

スキップフロアの家やロフトのある家でワークスペースを確保するという方法があります。スキップフロア構造は、段差が創り出す緩い区切りがボーナス空間を生み出します。ロフトもプラス@の空間を生み出します。そんなボーナス空間を活かしてワークスペースを確保できます。

スキップフロア構造の家 Bino、ロフトのある家 FREEQ HOMESには、様々なタイプが揃っています。プライベートなベランダや屋上に繋がるワクワクするようなワークスペースを手に入れることもできます。

■ ■ ■

テクノホームは家づくりの希望に合わせて、注文住宅・自由設計プランのT-STYLE、規格住宅のBinoとFREEQ HOMESをお選びいただけます。土地探しのお手伝いも致します。

その他、モデルハウス分譲や、完成見学会、構造見学会などを期間限定で開催するなど、多彩な家づくりの方法を提供させていただいております。埼玉県での家づくりのご相談はお任せください。

T-STYLE Gallery

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウス分譲について

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウスは、テクノホームが自信をもってお勧めする高品質な住宅T‐CUBEです。自然素材をふんだんに使ったリゾートライクな居心地の良い家です。ぜひ見学においでください。

Hamilton City加須市琴寄 モデルハウス分譲 T-CUBE

Hamilton City加須市琴寄周辺は、利便性の高さと自然が調和し、のびのびと生活ができる大型分譲地です。

Hamilton City加須市琴寄 周辺環境

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE