MENU

平屋風二階建てはどんな家?

FREEQ HOMES 吹き抜けのあるリビング

 

平屋で暮らしたいけれど、家族で暮らすには、手狭な家になってしまいそう…

限られた敷地の中で、家族全員が居心地よく暮らせるスペースを確保することを考えると、平屋への憧れはあるけれど、現実には無理かな…と平屋をあきらめてしまう人は少なくありません。

ボックス型の家なら、2階建てにすれば、居住面積は一気に2倍にできます。ただ、シンプルにコンパクトに暮らしたいという想いには、2階建ては大きすぎるかもしれません。そこで候補に挙がってくる家が、平屋風2階建てです。

 

目次

人気があるのに平屋をあきらめる人が多いのはなぜ?

階段のない平屋は、ここ数年人気が高くなっています。子育て中には、子供に目が届きやすい、子供が一人で出かける年齢になっても、子供の外出と帰宅を把握できる、家族の自然なコミュニケーションのチャンスが増えるといった良さがあります。そして、高齢になってからは、階段の昇り降りができなくなっても、使えない部屋が生まれない、家全体をバリアフリーにできるという安心感があります。そして、すべての時期を通して、家事負担が2階建てに比べて軽減される、階段事故の不安がないという特徴があります。

構造が安定しているので、大きな掃き出し窓を並べて設けることもでき、リビングや、寝室の窓から庭の景観を楽しめます。家の中から、季節の移りかわりを身近に感じられることも、日常生活を豊かにします。暮らし始めてからのメンテナンスが容易にできることも魅力の一つです。外壁塗装や屋根の葺き替えでは、足場を組む費用が少ないので、メンテナンスにかかる費用も抑えられます。

これほど暮らしやすさが詰まった平屋なのに、実際には2階建て住宅を建てるケースが多い理由は何なのでしょうか?

居住面積が足りない

ご夫婦だけの暮らしであれば、それほど広い敷地がなくても、十分に暮らしやすい平屋を建てることはできるでしょう。しかし、子供が2人以上いるご家族が、それぞれの居室を持ち、広々としたリビングも欲しいとなると、かなり広い敷地が必要です。

都市部では、土地の価格が高額なので、敷地面積が増えると、その分、家づくりにかける費用は、嵩んでしまいます。その結果、予算内で適当な敷地を見つけることができず、あきらめるというケースが多いのではないでしょうか?

周辺の環境に受ける影響が大きい

暮らしやすい室内環境には、日当たりと風通しが良いこと、プライバシー性が高いことが挙げられます。ところが、平屋の場合、周辺の環境によっては、そのどれもが調えられないことがあります。

陽射しと風を採り込みつつ、プライバシー性を確保するための手段として、天窓や吹き抜けを設けるなどの方法はありますが、日当たり、風通し、プライバシー確保全ての実現は2階建てほど、容易くはありません。

敷地が広く、その周辺も自然が拡がっている、というような恵まれた環境であれば、その心配はありませんが、住宅地においては、そのような環境は望めないことが多いでしょう。中庭を造るなどの方法も考えられますが、土地の形状によっては、実現できないこともあります。

建築費が嵩む

平屋は二階建てに比べると、土台と屋根の大きさが2倍必要なので、建築費が嵩みます。加えて、日当たりと風通しの為に設計の手法を凝らす、その設計を支えるだけの耐震性を備えさせる、プライバシーを確保し、防犯性を高める為に、外構に手をかけるとなると、さらに予算が膨らんでいきます。その結果、2階建てより土地の購入価格に加えて、建築費も嵩んでしまいます。

平屋のデメリットを克服できる平屋風2階建て

FREEQ ロフトハウスリビング

FREEQのロフトハウスLOAFERのリビング

FREEQは、平屋を基本に設計された家ですが、この中に平屋+ロフトの1.5シリーズがあります。このロフトハウスこそ、平屋のデメリットを克服できる平屋風2階建てです。

昭和から平成にかけては、現在のような箱形の2階建てではなく、2階部分が1階より小さく造られている家が多くありました。時代と共にこのようなスタイルの住宅は、減ってきましたが、2階の方が小さいという造りには、2階建てでも、コンパクトに暮らせるという良さがあります。

ただ、その時代には、居室を細かく分ける間取りが主流だったので、1階部分の上に2階が載っているという造りでした。現代の2階が1階より小さいサイズの家は、1階部分と2階部分の空間が繋がっているロフトハウスが主流です。1階部分と2階部分を遮断せず、1階の上方に2階として使えるスペースがあるという間取りです。この違いによって、平屋のデメリットが克服できる家になっています。

平屋だけでは得られないプラスαの面積が得られる

小屋裏を利用したスペースが、居住面積にゆとりを持たせます。
「でもロフトは使い勝手が悪いと聞くからあまり気が進まない」
そんな風に思う人も多いと思います。確かにロフトは造ったけれど、使いにくくて使っていないというケースは少なくありません。その理由は、昇り降りする階段にあります。梯子式や収納式の階段のついたロフトは、使わなくなってしまう確率が非常に高いのです。FREEQのロフトハウスには、安全な固定階段がついています。両手に荷物を持っていても昇り降りできます。ロフト部分の面積も広いので、収納スペースの他に、子供部屋や書斎など、様々な用途に使えます。

陽射しと風が採り入れられる

ロフト部分の窓からの陽射しが家中に届き、1階の窓からの風は、ロフトの窓へと抜けていきます。その結果、明るく、風通しの良い室内環境が調います。

最小限の冷暖房で十分な温熱環境が調う

1階と2階の空間が繋がっていることによって、最小限の冷暖房で十分な温熱環境が調います。昔の2階が1階より小さい2階建ての家では、それぞれの居室が区切られていたので、居室ごとに冷暖房をしていました。したがって、冷暖房をしていない廊下や階段、玄関は非常に寒かったのです。ロフトハウスは、吹き抜けで家の中の空間が繋がっているので、最小限の冷暖房で、家中を暖めたり、涼しくしたりすることができます。薪ストーブを設けるスペースがあるので、薪ストーブを使えば、家中を暖められます。

「吹き抜けがあると、冬は寒く夏は暑いと聞くけれど…」
そのような疑問を持つ人も多いはずです。確かに、吹き抜けによって、家の中が繋がっている住宅には、冬寒く夏暑い家もあります。その理由は、空間の広さをカバーするだけの断熱性能が備わっていないからです。

断熱性能とは、屋根、壁、床、窓、玄関からの熱の出入りを断つ性能です。暖熱性能が高くても、家の中の居室が細かく分かれていれば、それぞれの居室で冷暖房が必要です。家の中の空間が繋がっていても、断熱性能が低ければ、快適な室温を維持する為に莫大な電気代がかかります。しかし、断熱性能の高さと、空間の繋がりが組み合わされれば、家の中のあちこちで冷暖房をする必要がなくなります。家全体の温度を調整できるので、家の中の温度差もなくなり、快適な温熱環境が生まれます。

FREEQの特徴

FREEQのロフトハウスLOAFER

FREEQのロフトハウスLOAFER

FREEQの家は、どのシリーズにも共通して「自然と仲良く暮らせる家」という特徴があります。FREEQのロフトハウスLOAFERは、平屋のデメリットが克服できる家であることに加えて、その特性が、より快適で安全な暮らしを生み出します。

自然の恵みを活用して、エネルギーを創る太陽光発電に適した屋根の形状、太陽と風の動きを計算したパッシブデザイン、災害時でも安心な薪ストーブなど、省エネと創エネができる家です。

無垢材を多用した内装は、素のまま引き渡されます。無垢材の調湿性が室内の環境を調えることに加えて、暮らし始めてから家族の好みに合わせてアレンジしていくことができます。

また、断熱性能、劣化対策、耐震性は、長期優良住宅の基準の中で最高等級を備えています。

平屋に住みたいけれど、もう少し床面積が欲しい…そんな想いを叶えるFREEQのロフトハウスLOAFERで、家づくりを計画してみませんか?

FREEQ HOMES

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE