MENU

スキップフロアのある家を後悔する家にしない為に知っておくべきこと

Bino スキップフロア構造の家

スキップフロアには、オシャレで開放的な空間によって、暮らしを楽しめそうな雰囲気があります。新築住宅を検討中のご家族の中には、スキップフロアの家にしようかな…と計画されている方もいらっしゃるかもしれません。同時に、スキップフロアの家よりも一般的な二階建ての方が、無難なのではないか?と考えることもあると思います。

家は長く住む所であり、家づくりには高額な費用がかかります。家が完成してから、暮らしにくさに気づいても、簡単に建て直すわけにはいきません。実家もスキップフロア構造の家だったから、暮らしやすさは十分に分かっているという人は、ほとんどいらっしゃらないと思います。その為、実際に暮らした場合に、どのような暮らしになるのか、想像しにくいのではないでしょうか?

スキップフロアには、ちょっとした段差を設けるというタイプもありますが、ここでは、家全体をスキップフロアで構成するスキップフロア構造の家について考えていきたいと思います。その上で、スキップフロア構造の家で後悔するかもしれない点と、スキップフロア構造の家の暮らしやすさについて、考えていきましょう。

スキップフロアの家で後悔するかもしれない点…温熱環境が不安

日本の住宅では、長い間、春から秋にかけては、家中に風を採り入れ、涼しい環境を調えるという方法と、居室ごとに冷暖房をするという方法で、室温を調えてきました。近年の住宅においても、自然の風を採り入れるという部分は共通しています。しかし、冷暖房に関しては、居室ごとに室温を調えるのではなく、家全体を暖める、家全体を冷房するという考え方が、一般的になってきています。

家全体の室温が均一であれば、廊下や浴室、トイレが寒いというようなことがなくなり、快適な温熱環境が調うからです。しかし、昭和から平成の初期までに多かった、居室が細かく分けられている間取りでそれを実現するためには、各居室に吹き出し口を設けた全館空調が必要です。それは非常にコストがかかるので、一般な戸建て住宅には、それほど全館空調は採用されてきませんでした。その為、日本の家は、冷暖房をしている部屋と、していない部屋の温度差が大きく、快適さが損なわれていました。

家全体を暖める、家全体を冷房するという考え方を、効率よく実現するためには、主に2つの条件があります。ひとつは、家の中の空間が繋がっていること、もう一つは断熱性・気密性が高いということです。

断熱性と気密性の高い住宅で、内部の空間が繋がっていれば、家の中は魔法瓶のような状態になり、少ない冷暖房機器と、最小限のエネルギーで、家の中の温度を均一に調えられます。

内部の空間が繋がっているにもかかわらず、それに見合うだけの断熱性と気密性の高さがなければ、冷暖房の効率が悪く、夏は暑くて冬は寒い、という状況になったり、十分快適な室温ではあるが、莫大な電気料金が発生するという状況になったりしてしまいます。

スキップフロアにするかどうか迷っている人の中には、スキップフロアにすると、冬は寒く、夏は暑くなるらしい…と思われている方は少なくありません。それはある意味真実です。家の中の室温を調えるのに必要な暖熱性と気密性がなければ、冬寒く夏暑い家になってしまいます。反対に考えれば、暖熱性と気密性が高いスキップフロアの家は、一般的な2階建ての家より、少ないエネルギーと少ない冷暖房機器で、家中を快適な温度に調えられるということです。

スキップフロアの家で後悔するかもしれない点…老後が不安

BinO WAVE スキップフロアの家

BinO WAVE

高齢になって階段の昇り降りに不安を感じるというような場合、スキップフロアは、2階への階段より、使いやすいとも言えます。移動の距離が短くなるので、昇り降りが楽であると同時に、踏み外しによって、一気に下まで転落するというような危険が抑えられます。

ただ、スキップフロアの家は、階段が多いので、もし車椅子を使わなくてはならなくなった場合、家の中に立ち入れない場所が増えてしまいます。在来工法の2階建ての家であれば、新築時に将来に備えて、計画しておけば、高齢になった際に、ホームエレベーターを増設して対処することができます。しかし、スキップフロアの場合は、エレベーターの増設ができないことがあります。

このような場合に備えて、住み替え支援制度を利用する為の認定を受けておく、という方法もあります。30代で家を建て、40年から50年後には、住み替え支援制度を利用して、自宅を賃貸にし、平屋やマンションに住み替えるという方法です。

参考サイト JTIの「マイホーム借上げ制度」

スキップフロア構造の家の暮らしやすさ

BinO ALLen スキップフロアの家

BinO ALLen

スキップフロア構造の家は、1階と2階の間や地下室を利用して、階数を増やす設計の家です。階層を増やすことによって、一般的な2階建て住宅より、床面積を増やせます。壁ではなく、1階と中二階というように、段差で緩い区切りを造るので、家の中の空間が繋がっています。この構造が創り出す床面積が増えることと、空間が繋がっていることという2つの要素によって、様々な暮らしやすさが生まれます。

陽射しと家中に届く

間仕切壁で区切られていないので、上階からの陽射しが下の階にまで届きます。

風の通り道が拡がる

向かい合う窓に高低差ができるので、風の通り道が拡がり、換気の良い環境が調います。

家族の気配が感じられる

それぞれ違う階層に居ても、お互いの気配が感じ取れます。

解放感と楽しさが生まれる

壁がないので、視線が抜け、開放的な雰囲気が生まれます。また、段差の違うフロアが、ワクワク感を生み出します。

階段下のスペースを有効に使える

一般的な2階建ての家に生まれてしまうデッドスペースがスキップフロア構造の家には生まれません。階段下などのデッドスペースは、収納にすることもできれば、趣味を楽しむための空間にすることもできます。

消費エネルギーを節約できる

最小限の冷暖房で家中を快適な温度にできるので、消費エネルギーが節約でき、家計を助けます。

暮らしやすいスキップフロア構造の家Bino

BinO VILLS スキップフロアの家

BinO VILLS

スキップフロアは、一般的な2階建ての家とは違った設計力と、技術力が求められます。断熱に対する考え方も違えば、耐震に対しても、スキップフロア構造に適した耐震設計が求められます。2階建ての家が得意な工務店だからと言って、必ず質の良いスキップフロア構造の家を建築できるとは限りません。

スキップフロア構造の住宅への深い知識と経験、優れた設計力と、建築技術がなければ、暮らしやすいスキップフロア構造の家は実現しないのです。したがって、スキップフロア構造の家を建てるなら、スキップフロア構造の家が得意な工務店を探すことが重要なポイントです。

加えて、暮らし始めてからの生活を快適に安全にするための住宅性能を備えていることが求められます。認定長期優良住宅にすれば、老後の借り上げ制度も利用できるので、高齢になっても安心です。

Binoは、スキップフロア構造の家に特化した規格住宅です。様々なデザインと間取りが揃っていますが、すべてスキップフロア構造です。

構造計算に基づき設計されているので、最高等級である3という耐震性能を備えています。内部の空間が繋がっている家を、効率よく冷暖房できるだけの断熱性能も、最高等級の4を備えています。この他にも、劣化対策等級、維持管理対策超級を備えているので、いつまでも良いコンデイションを維持できる家であり続けます。もちろん、長期優良住宅の認定を受けることもできます。

スキップフロアの家での家づくりを計画されているご家族は、ぜひBin0の家を見学してみてください。見学すると、暮らしやすさを納得できます。

Binoのモデルハウスをご見学頂けます。モデルハウス岩槻WAVE36

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE