MENU

郊外住宅の魅力 埼玉県の分譲地もご紹介

郊外住宅

コロナの影響でテレワークが増えたことから、郊外住宅を検討するご家族が増えています。企業によってはコロナが発生する前から、郊外の良さに着目し、都心から脱却、社屋と社宅を地方に移動すること試みを始めている会社もあります。

ただ、都内に住み続けた人にとって、東京の利便性は捨てがたく、郊外での暮らしに不安を覚える人もいるのではないでしょうか?都心部に家を建てる暮らしと、郊外に家を建てる暮らしにはどのような違いがあるのか考えていきましょう。

郊外住宅とは?

Bino ALLen

戦後から、高度経済成長にかけての時期、多くの人が東京に集中しました。そして、その時期に経済成長を支えた人々が、家族を持った時、受け皿となった場所が郊外の住宅地です。庭付き戸建て住宅に住むことが社会的なステータスであり、理想的な暮らしだった時期でもあります。

しかし、1900年代の終わりから、暮らしの場を都心に求める人が増加しました。郊外住宅で育った子供たちが成長して、家族と共に都心部で暮らすようになった為、郊外の住宅地は高齢化が進み、空き家が増えるという問題も発生しています。そして、去年から今年にかけて、再び郊外住宅が注目を浴びています。テレワークが増えたことをきっかけに、郊外住宅の魅力が見直されてきたからです。

ただ、空き家問題などから、郊外住宅にマイナスなイメージを持つ人もいます。空き家問題の一因である、郊外住宅で育った子供たちは、なぜ両親の残した家に住まなかったのでしょうか?その理由の一つは、昭和から平成にかけて建築された家の暮らし難さです。

暮らしやすい家の基本は、室内環境の快適さ、現在の家族の暮らし方にあっている間取り、ライフステージの変化に対応できる間取り、家族の好みに合う外観と内装です。これらの要素の中で、空き家になっている住宅のほとんどが、室内環境の快適さと、現在も将来も暮らしやすい間取りという要素を備えていないからなのではないでしょうか?

室内環境の快適さ

ここ数十年で、住宅の断熱性は大きく進化しました。日本の家は寒いと言われた時期に建てられた家は、断熱性が低く、冬寒く夏暑い家が多いのです。冷暖房をつけても、快適な室温を維持できない、廊下や洗面所など暖房をしていない場所は熱さ、寒さが厳しく、暖房をしている部屋との温度差が大きい、冷暖房を止めると、急激に室温が変わるというような状態です。

その結果、マンションで暮らしている人から、戸建て住宅は寒い、光熱費が嵩むと誤解されてしまうことがあります。しかし、戸建て住宅が寒いのではありません。住宅の断熱性と気密性が確保されていれば、確実に室内の快適性は、最小限のエネルギーで維持できます。

暮らしやすい間取り

近年、家の中での家族の暮らし方が変わってきました。家族の誰もが多くの時間をリビングで過ごすという暮らし方です。家の中心にダイニングキッチンと繋がる広いリビングがあり、家族それぞれが自由に過ごせる間取りです。玄関からリビングに直結するようになっているので、家族の帰宅時にも、自然なコミュニケーションが生まれます。

一方、昭和から平成にかけて建築された家では、家族のプライバシーを尊重することを重視した間取りが多く、居室が細かく分かれていました。その為、現代の暮らし方には合わない間取りになってしまっています。

ライフステージの変化に対応する可変性のある間取り

家族の暮らし方は、子供の誕生、成長、独立、家を建てたご夫婦のリタイアなどの節目で変わっていきます。その変化に対応しやすい間取りであれば、現在の暮らし方に合わせてリフォームできますが、細かく居室が分かれている間取りは、リフォームに制限が出てしまいます。

現代の郊外住宅は、マンションと変わらない、またはそれ以上の室内環境を備えています。そして、規格住宅には、現代人のライフスタイルに合う間取りが多数用意されています。注文住宅であれば、家族構成、家族の暮らし方、家族の好みに合わせた暮らしやすい間取りにできます。

郊外住宅の魅力

BinO WAVE

都心部に住む理由の中で、大半を占める要素は、利便性です。通勤通学に、2~3時間使ってしまうと、多くの時間を無駄にしてしまうからです。しかし、テレワークによって、毎日出勤する必要がなくなった人も増えています。大学でもリモート授業が増えています。時期的にテレワークが増えているだけではなく、日立製作所や富士通のように、基本的な働き方改革を始めた企業もあります。週に1~2回の出勤ですむならば、通勤通学に、2~3時間を費やしても、それほど苦にはなりません。それが可能なのであれば、土地が高額な都心部に家を建てることにこだわる必要はなくなってくるのではないでしょうか?

参考資料

株式会社日立製作所「在宅勤務を変革のドライバーとする働き方改革を推進

富士通グループ「日本政府による緊急事態宣言の解除を受けて」

子育てしやすい環境

子育てをしているご夫婦にとって、一番の願いは、子供が無事に成長することではないでしょうか?安全で緑豊かな環境は、郊外住宅の魅力の一つです。一般的な年収で、都心部で戸建て住宅を建てる場合、土地の価格が高額なので、狭小住宅になってしまいます。狭小住宅は、隣家との距離が近く、日当たりや風通しが確保しにくい、隣家からの生活音やニオイが自宅に侵入してくるなどの問題が発生することがあります。

せっかく子供をのびのび育てる為に、戸建て住宅を建てても、隣家と位置関係によっては、マンションのように、子供の泣き声に気を使わなくてはならない状況になってしまうかもしれません。郊外住宅では、隣家との距離があるので、日当たりや風通しが遮られる心配がありません。お互いの生活音が気になることもありません。

また、庭のある暮らしができるので、子供と一緒に草花の手入れをしたり、野菜を育てたりといったことを楽しめます。庭での時間は、土を触わり、植物の世話をするだけではなく、空の雲を眺める、風の匂いを感じるなどの自然との触れ合いがあります。このような自然との触れ合いは、子供の脳を活性化させ、五感の発達を支えます。

制限の少ない自由な家づくりができる

家づくりに制限が出る理由は予算です。限りなく予算があれば、無制限で家づくりができますが、そんな家づくりができる人は、ごく一部です。一般的には、家族の年収に見合った予算の中で、家づくりを進めます。そのような状況の中で、都心部に家を建てる場合には、高額な土地を購入しなくてはならず、結果的に狭小地を選ぶことになります。一方、郊外住宅の場合、都心部に比べると、低価格で広めの土地を購入できます。

同じ家づくり予算の中で、そのほとんどを土地の購入に充ててしまった場合、建築費は減少します。敷地の狭さと、建築費の少なさという2つの制限の中で、家づくりを進めていくので、非常に制限の多い家づくりになってしまいます。一方、土地の価格が抑えられれば、敷地の面積からも、建築費からも制限されることが少なくなり、自由な家づくりができます。

子育てを機に家づくりを検討されているご家族においては、都心部だけにこだわらず、郊外住宅での家づくりに目を向けてみませんか?

埼玉県内の分譲地のご案内

 

Hamilton City周辺は閑静な住宅街です。ご近所様も皆様新築でご入居された新しい住宅街です。周辺には大きなスーパーや病院、学校も近くにある利便性の高さが魅力の分譲地です。

Hamilton City岩槻区宮町1丁目 〔限定1区画〕

東武野田線「岩槻駅」まで徒歩17分です。

岩槻駅から大宮までは13分、大宮からは埼京線、湘南新宿ライン、宇都宮線、高崎線、京浜東北線、新幹線に乗り換えできます。

Hamilton City加須市琴寄〔11区画分譲地も限定2区画〕

JR宇都宮線と東武線が乗り入れている「栗橋駅」から徒歩22分です。

栗橋駅から大宮までは宇都宮線で28分、乗り換えなしで上野、池袋、新宿、渋谷まで行けます。

どちらの分譲地にも、ご家族の好みに合わせて、シンプルモダンのTechno Style、スキップフロアのBinO、平屋ベースのFREEQ HOMES、愛着を生む、無垢素材の住宅Libelteを建てられます。

日常生活の利便性が良く、緑が多く自然豊かな環境にある敷地に家を建て、ゆったりした暮らし、安全で伸び伸びとした子育てをしませんか?

Techno Style

幸手市| MODEL(The S……

幸手市|B様邸

加須市|A様邸

幸手市U様邸

libelte

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウス分譲について

Hamilton City加須市琴寄のモデルハウスは、テクノホームが自信をもってお勧めする高品質な住宅T‐CUBEです。自然素材をふんだんに使ったリゾートライクな居心地の良い家です。ぜひ見学においでください。

Hamilton City加須市琴寄 モデルハウス分譲 T-CUBE

Hamilton City加須市琴寄周辺は、利便性の高さと自然が調和し、のびのびと生活ができる大型分譲地です。

Hamilton City加須市琴寄 周辺環境

COLUMN

規格住宅の強み 1,000万円台でここまでできるBinOの家

規格住宅の強み 1,000万円台でここまでできるBinOの家

シンプルな家を建てておしゃれに暮らす|埼玉のおしゃれな外観・内装実例

シンプルな家を建てておしゃれに暮らす|埼玉のおしゃれな外観…

アウトドアな家づくりのアイデア集♪さいたまのマイホーム施工事例

アウトドアな家づくりのアイデア集♪さいたまのマイホーム施工事…

狭小住宅にゆとりを持たせるスキップフロア

狭小住宅にゆとりを持たせるスキップフロア

資料のご請求

Techno Homeでは、あなたの住まいづくりをサポートするカタログをご用意しています。

Bino

Techno Style

現在選択中のカタログ

削除する場合には、再度カタログをクリックしてください

必須お問い合わせ経緯【1つを選択】
必須お問い合わせ内容【複数選択可能】
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須年齢
任意趣味
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。