MENU

スキップフロアの家で書斎を実現しよう

スキップフロアの家

「テレワークがしやすいように書斎のある家にしたい」コロナでの生活の変化によって、テレワークが増えた人は多く、そのほとんどが、仕事に集中できる場所を求めています。ただ、書斎を間取りに加えると、その分床面積がとられてしまうので、他の場所の床面積を削らなくてはならなくなってしまいます。

キッチンを狭くすれば、作業がしにくくなる、ダイニングを狭くすれば、窮屈な思いをして食事をすることになる、リビングを狭くすれば、家族全員で居心地よく過ごせない、洗面所を狭くすれば、入浴前後の着替えがしにくくなる…など、床面積の割り振りに頭を悩ませることになるかもしれません。その結果、書斎をあきらめることもあるでしょう。

週のうち、テレワークの日数が多い人が書斎をあきらめてしまうと、家が完成し、暮らし始めてから、後悔するかもしれません。仕事をする人にとっては、仕事に集中できない、家族にとっては、仕事をしている人がいる時を使うというような状況になってしまうからです。そこで考えたい家づくり計画がスキップフロアの家です。

スキップフロアとは?

スキップフロアの家 BinO WAVE

BinO WAVE

スキップフロアには、リビング内に段差を設けるなどの部分的なスキップフロアと、2階建ての家の中に、複数の階層を設ける家全体のスキップフロアがあります。後者の家全体をスキップフロアにする家(スキップフロア構造の家)は、複数の階層を設けることによって、廊下や壁を使わずに、家の中の空間を区切ります。その結果、通常の2階建て住宅よりも床面積を多く得られます。

部屋数と収納スペースを増やせる

敷地が広く、建築予算にも、床面積にも上限がないという家づくりができる幸運な家族はごく少数で、一般的には、限られた敷地面積建築予算の中で、家づくりは進められていきます。その状況の中で、スキップフロア構造の家には、同じ敷地面積の家に建てる2階建て住宅より、床面積を多くとれるということは、大きな魅力です。階層と床面積が増えることによって、部屋数と収納スペースを増やせるからです。

空間のつながりが生み出す効果…解放感と室内環境の良さ・家族のコミュニケーション

スキップフロア構造の家は、同じ敷地面積の家に建てる2階建て住宅と比べた場合、空間が広く感じられます。壁で区切られない分、視線が抜け、開放感が生まれる為です。加えて、壁で区切られず、家の中の空間が繋がっているということは、陽射しと風が家の奥まで届く環境を生み出します。住宅の断熱性が高ければ、冷暖房の涼しさや暖かさが、家中に循環するので、家の中の温度差がない環境が創られます。

また、子育て中には、子供の見守りがしやすいという良さもあります。どこにいても家族の気配が感じられます。

楽しさの多い家になる

スキップフロア構造の家は、プラスαの空間がたくさんあり、シアタールームや趣味部屋を造る、車やスポーツ用品の手入れをするスペースを造るなど、日常生活を楽しむ要素を加えられます。

スキップフロアの家づくりを進めるにあたっての注意点

スキップフロアの家 BinO R

BinO R

スキップフロア構造の家は、優れた設計力と、高い技術が求められます。よく言われるスキップフロアの家のデメリットは、この2つが伴っていない為に発生する問題です。

夏暑く冬寒い

吹き抜けのある家などでも良く聞かれるデメリットですが、冷暖房をしても、快適な室温にならない、最適な室温にしようとすると、電気代が膨大になるという問題です。スキップフロア構造の家に限らず、家の中の空間が繋がっている家では、冷暖房の効率が落ちやすいことは事実です。そして、それは大空間の温度を調えるだけの断熱性能が備わっていない為におこります。

家の中が居室ごとに区切られている家では、部屋ごとに冷暖房をしますが、家の中の空間が繋がっている家では、家全体を冷暖房します。その為、十分な断熱性能がないと、暖かい空気はすべで上層階に昇ってしまい、冷たい空気が下層階に溜まってしまうのです。しかし、家全体が高い断熱性で包まれていれば、夏は涼しい空気、冬は暖かい空気が家の中を循環するので、温度差のない家が生まれます。

日当たりと風通しが悪い

設計力が伴わないスキップフロアの家は、スキップフロアの家にすれば、日当たりと風通しが良い家になるはずだったのに…という残念なスキップフロアの家になる恐れがあります。音が思った以上に響く、動線がスムーズではないといった暮らしにくさを感じることもあります。このようなスキップフロアの家は、スキップフロア構造の良い面を活かしきれていない家です。

スキップフロア構造の家は、一般的な2階建て住宅に対する豊富な経験と深い知識があっっても、暮らしやすい家にはなりません。暮らしやすいスキップフロアの家にするためには、スキップフロアの設計と建築に対する豊富な経験と深い知識が必要です。スキップフロア構造の家の建築に慣れていない工務店が設計施工した場合、スキップフロアの良さが活かされず、暮らしにくい家になってしまう恐れがあります。

間取りプランの段階では具体的なイメージがつかめない

スキップフロア構造の家は、まだまだ少ないので、スキップフロア構造の家で暮らしたことのある人は多くありません。平屋や2階建てであれば、間取り図を見ながら、暮らし始めてからの日常を具体的に想像し、より暮らしやすい間取りへと、計画を進めていけます。ところが、スキップフロア構造の家の場合、間取りプランの段階で、設計図を見ても、具体的に、暮らし始めた時のことを想像しにくいという問題があります。

スキップフロアの家を後悔しない家にするBinO

スキップフロアの家 BinO ALLen

BinO ALLen

書斎を持ちたい、しかし、その為にリビングやダイニングを狭くしたくない、床面積の割り振りで頭を悩ませたくない…スキップフロアはそんな思いに応えてくれる家です。ただ、同時に、こんなはずではなかった…という家になってしまうリスクもある家です。

家は、家族の生活の拠点となる場所であり、高額な費用がかかる買い物でもあります。一生に何度も建てられるわけではなく、新築した家では、長い年月を過ごしていくはずです。その家を、後悔のある家にしてはなりません。スキップフロアの良さを活かした家にするためには、確実に質の良いスキップフロアの家を建てる方法を見つけることが重要な課題です。

そこで考えたい選択肢が、規格住宅での家づくりです。規格住宅には、自然素材や平屋、ローコストなど、様々なコンセプトを持った規格住宅があります。その中で、BinOは、スキップフロア構造に特化した規格住宅です。スキップフロアの家に対する優れた設計力と技術力、豊富な経験と知識を持った専門家が造り上げた最高品質のスキップフロアの家です。

注文住宅で、何もないところから、スキップフロアの家づくりプランを進めていくのは、非常に大変です。前述したように、スキップフロアの家での暮らしを、具体的に想像できないからです。

しかし、規格住宅であれば、用意された間取りの中から、家族構成に最適な間取りを選ぶだけで、暮らしやすい間取りプランが出来上がります。スキップフロアの専門家による間取りなので、スキップフロアの良さが活かされた暮らしやすい家になることは間違いありません。

また、規格住宅の場合、モデルハウスがあるので、実際にモデルハウスを訪れれば、スキップフロアの暮らしを体感できます。その後に間取り図を見れば、完成した家での暮らしを想像しやすくなり、スムーズに間取り選びが進みます。

BinOでスキップフロアの家を建て、念願の書斎を手に入れませんか?

 

テクノホームの願い

注文住宅, FREEQ HOMES,Bino,さいたま市岩槻区

■ 子や孫の代まで住み続けられる高品質な家

■ 健康な暮らしを作るきれいな空気の家

■ 家族がストレスを感じない間取り

■ 住宅ローンに圧迫されない価格の家

家を建てたご家族が、テクノホームの家で、いつまでも幸せに暮らしてくださることが、私たちの願いです。

ご家族に寄り添って家づくりを進めます。

そして、お引渡しの後も、末永く、建てた家を、良い状態に維持できるよう、サポートさせていただきます。

お問い合わせ

COLUMN

無垢材の家の暮らし

無垢材の家の暮らし

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

注文住宅の建築費に関わる要素と規格型注文住宅

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

テレワーク中心の働き方で広がる郊外に建てるマイホームの可能性

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

新築の家を長期優良住宅にする意味と考え方

MORE